上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美琴のちっぱい】









美琴「誰がちっぱいじゃゴラーーーーーーッ!!!!」ドシーン タックル

上条「ごっ!!!」イッテネェ

美琴「私は別に小さくないわよ! 全国平均よ! 周りが規格外なだけよ!」ガウガウ

上条「まぁ…」ソウダケド オチツイテ

美琴「そこで私は知ったの」

上条「え?」

美琴「私の能力は発電系統の電撃使い」レベル5

上条「うん」

美琴「その能力はまぁ電気系なら色々出来る」

上条「うん」

美琴「ここが原因なのよ!」キラーン

上条「ちっぱいの?」ハテ

美琴「ちっぱい言うなーーーーーっ!!!!」ドシーン

上条「ぶっ!!!」スミマセン

美琴「んで原因は」

上条「…」ドキドキ

美琴「能力の電撃を出すところよ!」キラーン

上条「……はい?」

美琴「何でも出したら無くなるわよね」

上条「お金とかな」ウル

美琴「」

上条「今月も塩ご飯生活だぜー。そろそろゴールドレジェンドに企画持ち込んでみようかな」

美琴「ま、まぁ…あれよ。学園都市には数多の能力者いれどそのまま能力を出す能力者は少ないわけよ」タブン

上条「と、言いますと?」ハテ

美琴「アンタが知ってる能力者で例えるなら、黒子」

上条「瞬間移動か」

美琴「そう。これは電撃のように出ない」ト、オモウ

上条「ここで野暮な突っ込みは無しにしてください」ネタナンデ

美琴「誰に言ってんのよ」

上条「パソコンまたは携帯の前の方達に」

美琴「」

美琴「で、でよ。他には一方通行ね」

上条「まぁ出てはないな」

美琴「発火能力系なら出てるかも」

上条「(ステイルみたいなもんか)」ウン

美琴「他に座標移動や、透視能力。原子崩しに能力追跡、窒素装甲。風力使いなど」

上条「あまり詳しい事を知らない人もいるけど、原子崩しとか風力使いは何となく体から能力出てそうだな」

美琴「原子崩しの原理は電子を固定させる事なのよ。出してるわけではない、はず」タブン

上条「ほぅ」

美琴「風力使いは空気を噴出させる能力だけど、体ではなく触れた物体からだし」ジブンニデキルカハシランケド

上条「ふーん」

美琴「これで分かったでしょ! 私がちっぱ…、胸が小さ…、慎ましいのはそういう原因なの!」アウアウ

上条「今自分でちっぱ―――、はっ!」ドキ

美琴「ふにゃーーーーっ!!???」ドシーン

上条「三回目はくらいませんのことよ!」ウケトメェ ギュッミコトタン

美琴「……ふにゃー」トローン ピリーン ロウデン

上条「あ。原因出た」デンゲキ

美琴「ふにゃーーーーっ!!???」ビリリンリーン

上条「あばばばばばばばっ!!!!!!!」シビビビビビ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。