上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【みこたんの家出】




みこ「」カキカキ

みこ「」モゾモゾ

みこ「」ヒョイゲコタリュック

みこ「」ヒョイゲコタサイフヒモツキ クビニカケル

みこ「…ふぇ」ウルリ

みこ「」テテテテ


美琴「…ん?」チラリ


みこ「」テテテテ ソローットソローット

美琴「みこちゃん? どこか行くの?」リュックショッテ

みこ「」ビクッ

美琴「?」ハテ

みこ「い、いえで…」プルプル

美琴「車に気をつけるのよー」

みこ「はーい」テテテテ

美琴「ふふ。初めてのお使いは失敗しちゃったけど、みこちゃんにはいい経験になったみたいね。一人で家出まで出来るようになっ―――」ピタァ





美琴「家出ーーーーーーーーーッ!!???」アウアウアーーッ



 ……。



上条「ただいまー」ガチャッ

美琴「ふにゃーーーーっ!!!」バタバタバタバタ

上条「ど、どした美琴たん」ジ

美琴「ふにゃちゃんにゃ、ふにゃにゃふにゃったーっ!!!」ガァァァ

上条「なに! みこたんが家出!?」ガーン

美琴「ふぇぇぇ…」ポロポロ

上条「と、とりあえず落ち着いて。上条さんが探してくるから」ナデナデ



 ……。



上条「―――とは言ったものの手がかりがないんじゃ…」ウーン

上条「ん?」チラリ


紙と電話の子機「」テテーン


上条「重要な手がかりのヨカーン!」ヒョイカミ

紙「みこ」テテーン

上条「」

上条「しまった! みこたんはまだ自分の名前しか書けないんだった!」ガーン

上条「じゃあこっちは…」ジ デンワコキ

子機「リダイヤルあり」テテーン

上条「!」キタ ピッ プルルルルル


子機『はい。こちら子供電話相談室です』ガチャッ


上条「」





公園―――



みこ「」テテテテ

みこ「…ふぇ?」チラリ

自販機「ヤシの実サイダー」テテーン

みこ「ふぇー」ダラー

みこ「」ヒョイゲコタサイフ ジッ ナカミミル

財布「35円」テテーン

みこ「ふぇぇぇ…」ポロポロ


???「」カシュン オカネイレル ポチ ガコン


みこ「ふぇ…?」ウル チラリ

上条「はい。ヤシの実サイダー」サッ

みこ「ぱぱー!」パァァァ






一時間くらい前―――



みこ「げーこた、げこた♪」ルンルン アシパタパタ オエカキチュウ

テレビ「今週もやってまいりました。『子供電話相談室』のコーナーです」

みこ「ふぇ?」チラリ

テレビ「最初の相談者と電話が繋がっています。もしもしー?」

テレビ『もちもちー』

テレビ「お名前と歳を教えてください」

テレビ『○○○○、3さいです』

テレビ「おぉー、3歳で言えてすごいねー」

テレビ『えへー』

みこ「みこもいえるー」エヘー

テレビ「それで、今日はどんなお悩みなのかなー?」ハテ

テレビ『ぱぱとはけっこんできないってほんとですか?』

みこ「ふぇ!?」ガーン

テレビ「あー…、そうだねー。残念だけど家族の人とは結婚できないんだよー」マジレス

みこ「ふぇぇっ!!???」ガガガーン

テレビ『ふぇぇぇ…』ポロポロ

みこ「ふぇぇぇ…」ポロポロ

テレビ「○○ちゃんはパパが大好きなんだねー」

テレビ『うん…』コク

テレビ「結婚してお家を出てもパパとママを大切にねー」ギャーン

みこ「ふぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!??????」ガガガガガガガガガガガガガーン



 ……。



みこ「ふぇぇぇぇぇぇぇぇ…」ポロポロポロポロ

みこ「っ…」グスン

みこ「」ポワポワー カイソウ


テレビ「家族の人とは(ry」


みこ「…ふぇ」ヒラメイタ

みこ「」ジッ テレビ

テレビ「相談室TEL○○-○○○○」テテーン

みこ「」デンワ ピッポッパ プルルルル

電話『もしもしー? 子供電話相談室ですー』コンニチハー

みこ「こんにちは」ペコリ

電話『お名前と歳を教えてくださいー』

みこ「かみじょーみこ、3さい…」プルプル

電話『おぉ。ちゃんと言えてすごいねー』

みこ「…えへー」

電話『今日はどんなお悩みなのかなー?』ハテ

みこ「おうちがちがうひととけっこんできますか?」ハテ

電話『違う人? あぁ、そうですねー。うん。出来ますよー』

みこ「えへー」ヤッター






んで―――



上条「それで家出して違うお家の子になれば結婚できると思ったのかー」

みこ「ふぇぇぇ…」ポロポロ

上条「それにみこたんが別の人と結婚したら家を出てパパとママに会えないと思ったと」

みこ「ぱぱとけっこんすれば、ぱぱとままといっしょ…」ウルウル

上条「んー」ポリポリ

みこ「ふぇぇぇぇぇぇぇ…」ポロポロ

上条「よしよし」ナデナデ

みこ「ふぇぇぇにゃー…」ポロポテレレーン

上条「みこたん」ヒョイミコタン

みこ「ふぇ?」ウル ピタリナキヤム

上条「確かにテレビの人が言ったようにパパとみこたんは結婚出来ないんだよ」ウン

みこ「ふぇぇぇ…」ポロポロ ヤダァー

上条「でも全然会えなくなるわけじゃないんだ」

みこ「…ふぇ?」ピタ

上条「パパとママも美鈴ちゃんと詩菜ちゃんに会ってるでしょ?」

みこ「うん…」コクリ

上条「だからみこたんが会いたい時に会えるし、皆バラバラになっちゃうって事はないんだよ」ナデナデ

みこ「ほんと?」ウル

上条「みこたんが、パパとママを好きな限りは」

みこ「みこ、ぱぱもままもだいすき…」ウルウル

上条「じゃあずっと一緒にいれるね」ナデナデ

みこ「えへー」テレーン




上条さん一家の部屋の前―――



みこ「」プルプル

上条「パパも一緒にママに謝ってあげるから」ナデナデ

みこ「うん…」コクリ

上条「じゃあ…、ただいまー」ガチャリ


美琴「…」テテン ゲンカンニイル


上条「おぉ。美琴たん、みこたんいたぜ」ホラ

みこ「…」プルプル

美琴「…」ジー

みこ「」プルプル

美琴「」ジー

みこ「……ふぇぇぇぇぇ」ポロポロポロポロ

美琴「みこちゃん」ギュッミコタン セナカポンポン

みこ「ままぁー…」ゴメンナサイー

美琴「たまごやき作ったんだけど、食べる?」ハテ

みこ「だべるぅー…」ポロポロ

上条「」ウンウン



 ……。



美琴「はい、みこちゃん」アーン

みこ「あー…はむっ」モフモフ

美琴「どう?」

みこ「おいしい!」パァァ

美琴「そっかそっか。じゃあ今度はみこちゃんがパパにあーんしてあげてね」

みこ「うん。はい、ぱぱ」アーン

上条「あー…はむ。…おぉ、うめぇ」モフモフ

みこ「えへー」

上条「じゃあ美琴」アーン

美琴「あむっ。…うん」マァマァネ

上条「そうだ。今週の日曜日に皆でピクニックにでも行きますか。晴れって言ってたし、お弁当持ってさ」ウン

みこ「いくー」エヘー

美琴「いいわね。じゃあちょっと気合入れて作っちゃおうかな」オベントウ

みこ「まま。みこ、ままのたまごやきがたべたい」

美琴「わかった。作って入れておくね」

みこ「えへー」

上条「」ウンウン



  みこたんがちょっと大人になり、上条一家の絆がより強いものになりました。




Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/165-bec735de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。