上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美琴たんのツン発言に対し、上条さんがカウンター発言をしたらどうなるのかを勝手に想像し、その結果どう考えても美琴たんがふにゃふにゃになる以外ありえなかった件】






上条「お前が学園都市に7人しかいないレベル5の超能力者だって事はよく分かったけどさ」ウン

美琴「私が32万分の1なら、アンタは230万分の1じゃない!」

上条「俺にとってお前は60億人いるうちの1人だけどな」

美琴「…ふにゃー」テレーン



 ……。



美琴「ちょっと! アンタよ、アンタ!」

上条「おぉ。ビリビリ中学生」ジ

美琴「ビリビリ言うな! 私には御坂美琴っていう名前があんのよ! アンタ、初めて逢った(会った、ではない)時からずっとビリビリ言ってるでしょ?」イラ

上条「で? ビリビリ、今日は何の用だ?」ハテ

美琴「今日こそ電気とか何とか色々やったカエルの足みたいにヒクヒクさせてやるから遺言と遺産分配やっとけや、コラーッ!」

上条「俺の遺産は全部妻のお前のモンだ」ユイゴン

美琴「ふにゃー!?」ビクッ



 ……。



美琴「私とアンタが今日一日恋人のふりをすんのよ」

上条「それは出来ない」

美琴「え?」ガーン

上条「恋人じゃなくて、結婚して夫婦になろう」ウン

美琴「ふにゃー!?」ドキキーン



 ……。



美鈴「初めまして。美琴ちゃんの母の御坂美鈴です」ヨロシク

上条「初めまして。美琴の夫の上条当麻です」ヨロシク

刀夜詩菜美鈴インデックススフィンクス「」

美琴「ふにゃ…」プススン



 ……。



上条「おー」

美琴「ビリビリ言う―――」ヨチ

上条「上条美琴さんじゃないですか」

美琴「ふにゃーっ!?」ドキーン

上条「どした?」ハテ

美琴「…わ、私には御坂美琴って名前が」ドキドキ

上条「上条美琴じゃダメ?」ウル

美琴「ダメじゃない…」トロン




黒子「よーし、そろそろいいだろう。そこまでですの、そこまでですの」イライラ

上条美琴「///」テレテレ

Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/184-5576b9b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。