上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【迷子の上条美琴ちゃん】








セブンスミスト―――



佐天「ねーねー初春! コレなんかどう?」パッ ヒモパン

初春「むっ無理です! そんなパンツ穿けません!」ワタワタ

佐天「えー、何でぇ? 白井さんもこういうの穿いてるのにー」ブー

初春「白井さんと一緒にしないでくださいー!」アウー

黒子「初春はお子様ですから、わたくしの様に振舞うのは10年早いですの」フンヌ


美琴「ゲコ太パンツ見っけ~っ!」パァァ


初春佐天「…」

黒子「初春が子供なら、お姉さまは赤ちゃんですの…」グスン



  ぴんぽんぱんぽーん♪



美琴黒子初春佐天「?」ハテ


アナウンス『第7学区よりお越しのー、上条ー美琴ちゃんがー、迷子になっておりますー』


美琴「!」


アナウンス『お母様が1Fサービスセンターにおりますので(ry』


初春「白井さん!」バッ ワンショウ

黒子「ジャッジメントですの!」バッ ワンショウ

佐天「初春初春! 人探しなら手伝うよ!」

初春「ありがとうございます! 佐天さん!」

黒子「お姉さま! わたくし達はちょっとジャッジメってきますのでお買い物の続きを―――」チラリ


美琴たんがいた場所「」シーン


黒子初春佐天「」イネェ






1Fサービスセンター前―――



店員「上条美琴ちゃんですか?」

母親「そ、そうです!」ミコトチャーン

上条美琴(一般市民)「ままぁー…」ポロロロロロ

黒子「本屋の前で泣いてましたの」フェェェンッテ テレポデキタ

母親「あ、ありがとうございます!」ペコペコ

初春「よかったねー」ナデナデ

上条美琴「ありがと…、おねーちゃんたち」ウルウルエヘヘ

佐天「もう迷子になっちゃダメだよー…、ん?」チラリ

美琴「」テテン

黒子「あ、お姉さ―――」



美琴「かっ、上条美琴です!」テテーン



店員「え?」

母親「え?」

上条美琴「ふぇ?」

黒子「」

初春「へ?」

佐天「え?」

美琴「……あれ?」



  ふにゃー オ、オネエザバババババババババ ミガワリ



  将来の自分の名前に超反応した美琴たんだったのでした。




Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/291-a90305a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。