上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【超電磁弾】









常盤台中学、校庭―――



上条(26歳)「ふぁぁぁ~~~……」オオアクビ スタスタ

美琴(14歳)「ちょっとアンタ!」ザッ メノマエ

上条「んん? おぉ。ビリビリちゃん」ハヨー

美琴「ビリビリちゃん言うな! …って、やけに眠そうね」ジ

上条「朝早く起きて女子サッカーのW杯見てたからな。格好よかったぜー」ウーン

美琴「」ビリッ

上条「うおっ!」ピキーン チョウハンノウ イマジンブレイク

美琴「」チッ

上条「いきなり何しやがる!」ガァァ

美琴「何で誘ってくれなかったのよ!」ガァァ

上条「え? お前サッカーに興味あったっけ?」ハテ

美琴「別に。部屋に行きたかっただけ…じゃなくて! きょ、興味大アリよ! 小さい頃アンタに散々見させられたし!」ホンネ アウアウ キラーン

上条「あぁ…、そういえば男子フル代表の試合を一緒に見てた記憶が……」ウーン ※vol.114で

美琴「そんなワケで今日練習するわよ!」

上条「な、なんの?」オロ?

美琴「サッカーに決まってんでしょ!」





と、言うわけで―――



美琴「私の黄金の左を止められるかしら」キッカー

上条「お馬鹿さんめ。上条さんは体育専攻の体育教師だぜ。世界トップクラスならまだしも、初めてに近い女子中学生のシュートなんて軽く―――」キーパー

美琴「」ビリビリビリッ タイデン

上条「―――ゴールされるかも」ドキドキ

美琴「行くわよ」ジ

上条「待て待て待て! 何だその帯電してる左足は!」ガァァ

美琴「蝶ネクタイの小学生が電気と磁力で足のツボを刺激すれば筋力を極限まで高めてくれるって」イッテタ

上条「騙されるな! そいつは小学生じゃないぞ!」ガァァ

美琴「小学生だろうが高校生探偵だろうがどうだっていいのよ!」キラ

上条「」シッテルシ

美琴「コインとボールじゃ色々違ってくるけど、足は手の3倍の力があって―――」ビリビリビリビリ

上条「これが死亡フラグか…!」ドドドドド

美琴「これが私の全力全開ッ! 超ッ! 電磁ッ! シューーーーーーーーーーッ!!!!」ビュイン



  どごーーーーーーーーーーんっ










TV「それでは社会人サッカー全国大会決勝戦のスターティングメンバーを発表します。まずは学園都市選抜のゴールキーパー! 『神速のインパルス』の異名を持つ今大会完封の守護神! 上条当麻!」ワァァァァ

美琴「あれ以来全てのシュートが止まって見えるって言ってたけど、まさか」アウアウ ジー



  上条先生は新たな領域に到達したようです。




Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/327-9d884a51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。