上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【みこたんの誕生日パーティー】









上条さん一家の部屋―――



上条「みこたーん。明日は2歳の誕生日だぜー」ヒョイカエルミコターン

みこ「えへ、えへ」ルンルン ゲコタキグルミパジャマ

美琴「招待した人何人くらい来れそう?」

上条「俺の方は……7、8人くらいかなぁ? もっと減るかも」

美琴「ふんふん。ピザとか作っておいた方がいいかもね」

上条「作るとかすげぇな。配達の方が面倒なくていいんじゃ?」ハテ

美琴「折角来てるんだからご馳走しないと」

上条「いい奥さんで羨ましいとか言われそうだぜー」テレ

美琴「ふにゃー」テレレ

みこ「ぱぱぁー、みこもー」ジ

上条「よしよし」ナデナデ

みこ「ふにゃー」トトロ

上条「ところで美琴たん」ジ

美琴「ふぇ? な、なに?」フニャフニャ

上条「悪いんだけど、おかずとか多めに作っといてくれないか?」

美琴「え? う、うん。いい…けど?」



  ……。



土御門「カミやーん。来たぜーぃ」チース

舞夏「みことー。邪魔するぞー」オース

上条「おぉ。土御門義兄妹いらっしゃーい」スタスタ

青ピ「久しぶりやね。カミやん」ヨ

上条「お。一緒だったのか」

吹寄「ついさっきマンションのエントランスでね」ツン

姫神「結構。いい部屋」ジ

上条「遠慮せずあがってくれー」

土御門「もう皆くつろいでるにゃー」

上条「」

舞夏「そういえばみことはどうしたー?」ハテ

上条「あ、あぁ。美琴ならキッチンにいるよ。ちょっと前に友達が来たから一緒に料理の準備してもらってるんだ」ウン

舞夏「料理の準備とかメイドの血が騒ぐぞー」ウズウズ

上条「」



  ……。



ミサカ10035号『ここは「みこ」が入ってるミサカが』ト、ミサカハ ネットワーク

ミサカ13535号『いえいえ。ここは「みこみこ」のミサカが』ト、ミサカハ

ミサカ13510号『何を何を。ここは「みこと」のミサカが』ト、ミサカハ


妹達『』ミサカハミサカハミサカハ


ミサカ10039号『招待状は1枚しかないのですか?』ト、ミサカハ

御坂妹『はい。お姉さまから頂いたのは一枚のみです』ト、ミサカハ

打ち止め『なになにー? 何の話してるのー?』ッテミサカハミサカハ ハテテ

ミサカ12345号『お姉さまの子が2歳の誕生日を迎えるらしいのですが、それを祝してパーティーというものを催すようです』ト、ミサカハ

打ち止め『へー。面白そうー』ッテミサカハミサカハ

御坂妹『しかし大人数で行ってもご迷惑ですので代表として誰が行くのかを論じているところです』ト、ミサカハ

打ち止め『ミサカもあの人連れて遊びに行ってみる』ッテミサカハミサカハ

御坂妹『残念ですが招待状は一枚―――』

打ち止め『(離席中)』ポポーン

妹達『』チャットジャネェ



  ……。



料理たち「」ジャーン

美琴「出来たー!」パァァ

みこ「ふぇー?」キョロキョロ

玉子焼き「」テテーン

みこ「えへー」タマゴー

美琴「ごめんね。お客さんなのに手伝ってもらっちゃって」

初春「いえいえー。御坂さ…じゃなかった。上条さんのお料理テクニックも拝見できましたし」ウン

佐天「あたしはもう味見でお腹いっぱいだよー」プフー

黒子「わたくしもお姉さまの愛でお腹いっぱいですの!」スリスリ ミコトタンノムネ

美琴「」ビリン

黒子「ぴょっ!?」ビクン

みこ「ふぇー」ジー

黒子「みこちゃん! お姉さまがいじめるんですのー」ヒョイミコタン スリスリホッペ

みこ「むふー」スリラレ

美琴「そういえば固法先輩はそろそろ着いた頃かしらね」ジ トケイ

初春「今回は家族旅行(結婚済)で来れなかったんですよねー。断じて書くのが難しいわけじゃないですよ」ウン

美琴「」

佐天「そういえば未来設定の時ってあたし達苗字だけど、結婚してないって事だよね」ウイハルトカ

初春「そうですねー。この中では…」チラリ


黒子「はぁ…はぁ…はぁ…」スリスリミコタン

みこ「むふー」スリラレ


美琴「…」

佐天「…」

初春「…」

黒子「…え?」ナニカ?

初春「まぁ、そうですね」ウン


婚后「来てあげましたわよ! 主役は最後に華やかに! このわたくし、婚后光子―――」ジャーン


初春「…」

佐天「…」

美琴「…」

婚后「…あら?」ハテ



  ……。



一方通行「お誕生日パーティーだァ…?」

打ち止め「そう! お姉さまの子供が2歳になるからそのお祝いに!」ッテミサカハミサカハ キラキラ

一方通行「行かねェ」コロン

打ち止め「えー! なんでなんでー!」ッテミサカハミサカハ バタバタ

一方通行「お前、俺が『お誕生日おめでとう』なンて言う奴だと思ってンのか?」

打ち止め「うん。ミサカにはいっぱい洋服買ってくれるから」コク

一方通行「おいクソガキ。今の事絶対他の奴には言うンじゃねェぞ」マジデ

打ち止め「ミサカもうガキじゃないよー。もう高校生だもんー」ッテミサカハミサカハ キラキラ

一方通行「学生は皆ガキなンだよ」

打ち止め「あー! またガキって言った! 怒ったから皆に言っちゃおうー」ッテミサカハミサカハ スタタター

一方通行「オイ待て!」ガーン



  ……。



打ち止め「プレゼント?」ハテ ツカマッタ

一方通行「誕生日パーティーにメシ食い行くだけってわけに行かねェだろォが」チッ ツカマエタ

打ち止め「そういう事ならミサカに任せて! お姉さまと趣味が一緒だし!」ッテミサカハミサカハ

一方通行「相手は2歳のガキだぞ」

打ち止め「2歳の子ってどれくらい出来るの?」ッテミサカハ ハテ

一方通行「あァ? 知らねェよ、そンな事ァ。お人形さんごっことかじゃねェのか」

打ち止め「ぶーーーっ!!!」

一方通行「」



  ……。



上条「もう来ないかな?」キョロキョロ

土御門「話の都合上ここで登場人物をきった方がいいにゃー」カキキレナイ

美琴「」

上条「ま、まぁ…始めるか」ウン パッ デンキケス


ケーキ「ろうそく2本」テテーン メラメラ


みこ「ふぇー」ジー

上条「さぁみこたん。ろうそくの火を消すんだー」

美琴「録画OK」サッ

黒子「写真OKですの」サッ

みこ「ふー」フク

ろうそく「火」ソヨリ

みこ「ふー」

ろうそく「火」ソヨリ

みこ「ふー」

ろうそく「火」ソヨリ

みこ「……ふぇぇぇ」ポロポロ キエナイ

上条美琴黒子土御門舞夏青ピ吹寄姫神初春佐天婚后「」



  ……。



姫神「お誕生日。おめでとう」プレゼント


警戒棒「リボン付き」テテーン


上条美琴「」

姫神「まだ小さくてスタンガンタイプだと危ないと思ったから。普通のやつ」ゴシンヨウ

上条美琴「」

みこ「ふぇー」

吹寄「あたしは健康食品幼児タイプよ」インターネットデカッタ

上条美琴「」

みこ「ふぇー?」ハテ



  ……。



アロハシャツ(小)「」テテーン

メイド服(小)「」テテーン

猫耳(黒)「」テテーン

警戒棒「」テテーン

健康食品「」テテーン

花のカチューシャ「」テテーン

バット(プラスチック)「」テテーン

下着「」テテーン

扇子「」テテーン


上条「な、何ていうか…、ありがとな」プレゼント

美琴「み、みこちゃん? みんなにありがとは?」ヒョイミコタン

みこ「ありがとー」エヘー


土御門舞夏青ピ吹寄姫神黒子初春佐天婚后「///」テレテレ


上条「じゃあそろそろ飯にするか」

美琴「そうね。冷めちゃう―――」チラリ


インデックス「前にいただいてるんだよ」モグモグ


上条美琴「」


インデックス「うまうま」モグモグ

ステイル「お邪魔してるよ」モグモグ

神裂「(鮭茶漬けは…?)」キョロキョロ

五和「こ、この味は…!」デキル


玉子焼き「」テテーン


インデックス「」スッ テ、ノバス タマゴヤキ


みこ「あ…」ウル

上条「ほい」アンパン

インデックス「ありがとうなんだよ」モフモフ

上条「はい、みこたん」タマゴヤキ

みこ「えへー」キラキラ

上条「じゃあいただきまーす!」ペコーン



  イタダキマース


  ……。



上条「一瞬でなくなったか」リョウリ

みこ「ぷふっ」オナカイッパイ

美琴「はい、みこちゃん。お口の周りフキフキしようねー」フキフキ

みこ「むふー」フキラレ

吹寄「貴様の奥さんは料理も上手だし面倒見を良いし、おしいくらいね」

美琴「///」テレテレ

上条「いやー。俺もいい奥さん持って―――」テレテレ ポリポリ

神裂五和姫神「はいはい」チッ

上条「」



  ぴんぽーん♪



上条「ん、んぁ? 誰だ?」ムクリ

みこ「みこもー」テノバシテセノビ

上条「よし。みこたん一緒に行こう」ヒョイミコタン

みこ「えへー」ルンルン

佐天「旦那さんも面倒見がよくて、いいイクメンでいいですねー」ジー

美琴「そ、そう、かなぁ?」テレレーン ポリポリ

黒子婚后「はいはいですの(わ)」

美琴「」






上条「はい」ガチャッ

打ち止め「こんばんわー」ッテミサカハミサカハ

上条「おぉ。打ち止めも来てくれたのか」ジ

みこ「ふぇー?」ママァー? ハテ

打ち止め「こんばんわ、みこちゃん。お誕生日おめでとう」プレゼント


ゲコ太ぬいぐるみ(大)「」ゲコーン


みこ「えへー」ゲコター

上条「うおっ。こんなみこたんサイズの。ありがとな」

打ち止め「うぅん。選んだのはミサカだけど、買ったのはあの人だから」チラリ

上条「ん?」チラリ


一方通行「」テテーン テスリヲセモタレ


上条「お。一方通行。お前が買ってくれたのか」

一方通行「そンなカエルでよかったンかよ?」

上条「全然OKだよ。ほら、みこたんも」チラリ

みこ「えへ、えへ」ルンルン ギュッゲコタ

上条「みこたんも2人にありがとう言おうねー」ヒョイミコタン ラストオーダーニムケル

みこ「ありがとー」エヘー

打ち止め「えへへ」テレ ッテミサカハ

上条「ほい」サッ アクセラレータニムケル

みこ「ありがとー」エヘー

一方通行「…」ジー

みこ「…ふぇ?」ハテ

一方通行「…」

上条「…え?」

打ち止め「え?」ッテ



  一方通行の封印されし何を呼び覚した、みこたん2歳だったのでした。







その頃―――



ミサカ19998号「ミサカが」ト、ミサカハ

ミサカ19999号「ミサカが」ト、ミサカハ

ミサカ20000号「ミサカが」ト、ミサカハ


  ミサカハミサカハミサハカミサカハ


ミサカ17777号「ところでお誕生日パーティーはいつなのですか? 学園都市にいないミサカ達はそれによって行かなければなりません」ト、ミサカハ

御坂妹「今日です」ト、ミサカハ

妹達「」

Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/361-49c9bc9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。