上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エロ条さんが行く!】







上条さんの部屋―――



土御門「カミやーん! ビッグニュースだぜーい!」ガチャッ

上条「何だよ土御門」イキナリ

土御門「カミやんが好きな管理人ものの本が第5学区の本屋に入ったみたいだぜーい」

上条「マジか! …しかし!」パァァ グッ

土御門「?」ハテ

上条「今の上条家には金が無くて…」ウゥ

土御門「あぁ。そんなことか。ほら」サッ

上条「え?」チラリ


土御門の手「2000円札」テテーン


上条「これは!」パァァ

土御門「カミやんにはいつも世話になってるからにゃー。餞別だぜぃ」

上条「これからは土御門様と呼ばせていただきます」ペコペコ

土御門「勘違いしないでほしいにゃー。カミやんにやるのは半分の1000円だぜーい」

上条「え?」

土御門「残りの1000円でメイドものを頼む」

上条「土御門様もお好きですなー」エヘヘ オトコノユウジョウ

土御門「それほどでもないぜーい」エヘヘ オトコノユウジョウ







んで―――




店員「あざしたー」

上条「…」



上条「…ふ」


上条「ふふふ…」











上条「とうとう! とうとう買えたぞ! 究極の―――」

美琴(3歳)「ふぇー」ジー テテン メノマエ

上条「ビリッ―――!」ヒィ

美琴「びりびりちゃんいうなー」ピリピリー

上条「よ、よしよし」ナデナデ

美琴「あぅー」テレーン

上条「び、ビリビリちゃん。どうしてここに?」ダイゴガック

美琴「べ、べつにあとついてきたわけじゃないもん!」アウアウ

上条「また美鈴さんに怒られるぞー」

美琴「ふぇぇぇぇ……」プルプル

上条「じゃあ一緒に帰りますか」ウン

美琴「…えへー」テレン



 ……。



美琴「ほんかったのー?」ハテ

上条「」ギクリ

美琴「ふぇー?」ハテハテ

上条「ま、まあな」オロオロ

美琴「みるー」エヘー

上条「び、ビリビリちゃんが読んでも面白くないよ」

美琴「ふぇー」ジー


上レ「」ピコンピコン キケンキケン


美琴「むー」ムゥ

上条「」





第7学区―――



上条美琴「あ」

美鈴「あ! 美琴ちゃん! また一人で遊びに行って!」コンニャロ

美琴「ふぇぇぇぇ……」プルプル ゴメンナサイ

美鈴「全く…、ありがとねん。当麻くん」

上条「い、いえ。俺は特に何も」ウン

美鈴「ん? 第5学区に行ってきたの?」ジ ソノホンヤノフクロハ

上条「」ギクリ

美琴「わたしはおもしろくないほんって…」ツンツンガ

美鈴「…」

上条「」カタカタ

美琴「…ふぇ?」ハテ

美鈴「え、えぇっと…、うん。じゃあ今日は帰ろうね、美琴ちゃん」ヒョイミコトタン

美琴「ふぇ? まだあそぶー」バタバタ

美鈴「当麻くんはこれから用事があるみたいだから」

上条「」

美琴「ふぇー」



  美鈴さんの優しさが逆に心にきた上条さんだったのでした。





Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/474-2d99ac7c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。