上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月9日、早朝―――



  コーケコッコーッ!


  ちゃーちゃら、ちゃっちゃらーらー♪  ♪ラジオ体操のテーマ



みこ「んぁ?」ハッ メザメル



  ちゃーちゃら、ちゃっちゃらーらー♪



みこ「」テテテテ ニワヘ



  ちゃっちゃらーら、ちゃっちゃらーら、ちゃんっちゃら、ららん♪ ちゃりらん♪



上条「いーち、にっ、さーん、しっ」ホッホッ

美琴みこ御坂妹「にーにっ、さん、しっ」ホイホイ



  ……。



上条「じゃあいただきまーす」ペコリ

美琴みこ御坂妹船長ステイル神裂五和「いただきまーす」ペコリーン



  ……。



上条「ごちそうさまでした」ペコリ

美琴みこ御坂妹船長ステイル神裂五和「ごちそうさまでした」ペコリーン

美琴「みこちゃん。昨日は雨だったからラジオ体操してないけど、ちゃんと起きてたからスタンプ押してあげるわよ」

みこ「えへー」ヤッター

美琴「はい。ぽんぽんっと」ポンポン フツカブン

みこ「ふえたー」エヘー

上条「さて、みこたんっ。スタンプも押してもらったし、準備はいいか!」

みこ「いいよー」エヘー

美琴「カブトムシ探しに行くのはいいけど、みこちゃんにちゃんと虫除けの薬塗ってってよね」

上条「もうバッチリだよねー」ホッペプニプニ

みこ「むっふー」ヌッター

上条「ゴーゴーレッツゴー! ゴーレッツゴー! イェイ!」

みこ「ごー♪」ルンルン






みこ「ぱぱ。あさがおー」オミズ

上条「やって行こう」ウン





山―――



上条「ここは海も山も近くてホントいい所だなー」ノビノビ

土御門「イメージがわかない人は『ぼくのなつやすみ2』で検索してほしいにゃー」ウン

上条「やっぱり普段着はアロハなんですね」ジ

土御門「拘りだぜぃ」ウン


みこ「よあちゃーん。いたー?」ハテ

踊秋「うえのほうになにかいるぞー」ホラー

みこ「ちぇいさー! ちぇいさー!」ポテーンポテーン

踊秋「ぜんぜんうごかないなー」ウーン

みこ「ふぇぇぇ…」プルプル


上条「みこたん達も楽しそうで何よりだぜ」ウン

土御門「踊秋も楽しそうだにゃー」ウンウン

みこ「ぱぱぁー…」テテテ フェェ

上条「みこたんどした?」ハテ ヒョイミコタン

みこ「むしとんでっちゃったー…」ウルウル

踊秋「ぱぱぁー…」ウルウル

土御門「じゃあ2人で一緒に探そうぜぃ」ヒョイヨアタン

上条「これからは各父娘に分かれて捜索開始だな」ウン

踊秋「みこちゃんよりおおきいのとってくるからなー」エヘー

みこ「みこのほうがおおきいのさがせるもんー」ムー

みこ踊秋「」ペタタタタ



  ……。




上条父娘サイド―――



上条「はぁ…はぁっ! に、逃げろ! 逃げるんだみこたーん!」ダダダダ

みこ「ぱぱー!」フェェェェン

上条「あそこの大きい木の後に隠れているんだ」サァ

みこ「ぱぱはー?」ウルウル

上条「パパは―――――、みこたんを襲う猛獣の幻想を打ち消してくるぜ!」ダッ

みこ「ぱぱー!」アブナイ

上条「(神様…この世界が、アンタの創ったシステムの通りに動いてるってんなら…まずはっ!)」カッ




上条「その幻想をぶちこ―――」







蚊トンボ「」ピト カミジョウサンノコブシ

上条「ぎゃーーーーーーっ!!!」ビクーン

みこ「ぱぱ、かとんぼきらいなのにぃー…」ウルウル

上条「ぶるるるっ! ゾクってなった、ゾクって!」ゾクゾク

蚊トンボ「」プーン

上条「ぎゃーーーっ!!! 助けてみこたーーーんっ!!!」スッタター

みこ「めっ」テテン

蚊トンボ「」ピタァ

みこ「ぱぱいじめちゃ、めっ」プンプン

蚊トンボ「」ハンノウガオモシロクテ

みこ「ふぇー」

上条「」プルプル ミコタンガード







土御門父娘サイド―――



土御門「それでは踊秋。ご堪能あれ」グッ

踊秋「おぉー! 久し振りの本気パパモード!」パァァ

土御門「(でも俺本気になると血吐き出すからにゃー。踊秋には見せられんぜよ)」ウーン

踊秋「」キラキラ キタイノマナザシ

土御門「(…しかし式神1匹くらいなら鼻血程度で済むかもしれんにゃー)」ウン

踊秋「」キラキラ

土御門「」バッ オリガミ

踊秋「!」キタ

土御門「」オリオリ

踊秋「」ドキドキ

土御門「ほいっとにゃ」サ


折り紙「鶴」テテン


土御門「踊秋の為に獲物を探して来い! クソッタレ!」キィィィン

鶴「」パタパタ

踊秋「おー!」スゴイ キラキラ

土御門「…くぁ」ハナジ

踊秋「ぱぱー?」ハテ

土御門「ちょっと暑さで鼻血出ちゃったにゃー。踊秋テッシュー持ってない?」ハテ

踊秋「あるぞー。めいどのきほんってままが」ハイドウゾ

土御門「さすが舞夏の娘にゃー」アリガトウ






上条父娘サイド―――



上条「おかしい」ウーン

みこ「ぱぱー?」ハテ

上条「みこたんの動物(昆虫)から好かれるスキルがあれば速攻見つかると思ったが小一時間探してもそれらしき影すら見られん」ウーン

みこ「かぷとむしいない…」ウルウル

上条「…はっ」ソウカ

みこ「ふぇ?」ハテ

上条「(みこたんのスキルを上条さんがそげぶしてるとしたら!)」ドキーン

みこ「???」ハテハテ

上条「パパちょっとトイレ行ってくるなー」スタタタ

みこ「ぱぱー」

上条「(そしてちょっと離れた所で様子を見る)」ジ キノカゲ



みこ「かぷとむしさーん」オーイ



上条「…」ジー



みこ「でておいでー」オーイ



上条「(さすがに出てこないか)」ウン



みこ「…ふぇぇぇ」プルプル

カブトムシ「」ブーン ピト ミコタンノムギワラ

みこ「ふぇ…?」



上条「」



みこ「…いたー」エヘー

カブトムシ「」ウトウト

みこ「ネンネー?」ハテ

カブトムシ「」コク

みこ「おこしてごめんね」ナデナデ

カブトムシ「」カマワンヨ

みこ「えへ」テレ



上条「ふ、ふー。スッキリしたー。どうだみこたーん。いたかー?」スタスタ



みこ「ぱぱー! いたー」エヘー

カブトムシ「」zzz

上条「おぉぉ? 遠くからじゃ分からなかったけど、このカブトムシはどこかで会ったような気がするな」ジ

みこ「ふぇー?」ハテ トオク?

上条「凄いじゃないか、みこたん。お名前何にするの?」ハテ

みこ「かぷとー」エヘー

上条「(やっぱりそうか)」ウン

かぷと「」ヨ

上条「」





土御門父娘サイド―――



鶴の   折り紙「」テテーン マップタツ

土御門「なん…だと」ジ ハナノアナニティシュー

踊秋「みごとにまっぷたつだなー」ウーン

土御門「(折り紙と言っても魔術が吹き込まれてそう簡単には破壊されないハズだが…、まさか他勢力の魔術師!)」クッ

踊秋「あ。ぱぱあれー!」ピ

土御門「(チッ! 遅かったか! せめて踊秋だけでも―――)」チラリ



オオクワガタ「」テッテレー



土御門「oh...」ナンテコッタ

踊秋「かぷとむしじゃないなー」ジー

オオクワガタ「」ブーン ピト ヨアノフク

踊秋「おー」キタ

オオクワガタ「」イマ、カプトトイッタナ

踊秋「うん」コク

オオクワガタ「」ソイツハコノオレニカチニゲシタヤローダ

踊秋「ほー」

オオクワガタ「」イイアンナイニンヲミツケタゼ

踊秋「よしよし」ナデナデ

オオクワガタ「」チッ プルーン

踊秋「おまえは『しつじくん』だなー」ウン

執事くん「」マジカ

踊秋「いくぞー。しつじくーん。かぷとむしさがすぞー」テテテテ

執事くん「」モチロンダ パタパタパタ

土御門「」





んで、合流―――



みこ「よあちゃんすごーい! おっきいねー!」キラキラ

踊秋「すごいだろー」エッヘン

執事くん「」ウルセーナァ ヨアノムナモト

踊秋「みこちゃんみつからなかったのかー?」ハテ

みこ「みつけたよー。でもねてるから」

踊秋「???」イナイケド

みこ「(ぼうしのなかでねてるの。しー、ね)」ナイショナイショ シー

踊秋「ほー」ナルホド コゴエ

上条「じゃあ無事2人共捕れた事だし帰るか」ウン

土御門「そうだにゃー」ウン

みこ「はっ。よあちゃん!」

踊秋「ど、どうしたみこちゃん!」ドキ






みこ「うらないやってー」エヘー

踊秋「」







土御門家~民宿『上琴』までの道―――



みこ「んとんと」ウーン テテテテ

上条「朝、みこたんの花壇。昼、海の中。夜は何もなし。だよ」ウン スタスタ

みこ「おー」ソウダッタ

上条「踊秋ちゃんは凄いなー」ウン

みこ「ぱぱぁー」ウルウル

上条「みこたんもすごいよー」ウン

みこ「えへー」

上条「そうだ。ちょっと汗かいちゃったからジュース飲んで帰ろうか」ウン


自販機「」テテン


みこ「のむー」エヘー

上条「みこたん何飲む?」ハテ

みこ「やしのみさいだー」エヘー

上条「はいはい。はいどうぞ」ピッ ガコン ヒョイヤシノミサイダー プシュッ アケル

みこ「ありがとーぱぱー」エヘー ウケトル

上条「俺は『みっちゃん』のリンゴだな」ピ

上条みこ「んくんくんく…」コクコク コシニテ



  みこたんの肺活量…5→

  みこたんはレベル3まで潜れるようになりました!




  ……。



民宿『上琴』前―――



上条「あっ」


車「」ブロローン


上条「うおおおおっ!! しまったーーっ!! 大切なお客様をお見送りしなかったー!」スッタター

美琴「闇咲さん帰っちゃったわよ」

上条「何てこった…」カタカタ

美琴「朝早く漁に出ちゃったって事にしといたわ」ウン

上条「さすが美琴たん!」ギュッミコトタン

美琴「…ふにゃー」テレーン



姉御「あたいはまだいるけど…」ジ



みこ「またきてねー」エヘー

姉御「ツーリングがてら来てやるよ」ウン

みこ「これかっこいいー」ピ バイク

姉御「かっこいいだろー。ちょっといじってあってオリジナルなんだ」フフン

みこ「みこものるー」エヘー

姉御「まずは三輪車を乗るんだよ」スポ メットアブル

みこ「ふぇー」ホゥ

姉御「おーい! 世話になったな! 飯うまかったよ!」オーイ


上条美琴「ありがとうございましたー!」ペコリーン


姉御「じゃあな。おチビちゃん」ブロローン

みこ「ばいばーい!」パタパタ



  ……。



美琴「一組目は佐天さん達だ。初春さんと2人で来るんだって。2泊3日」

上条「佐天さんってどーゆー人だっけ?」ハテ

美琴「こう…、黒髪ロングで可愛らしい顔してる」

上条「ほー」

御坂妹「そしてもう一部屋にはオルソラ様という方がいらっしゃいます」

上条「えっ!? オルソラ!?」

美琴「どこの巨乳の女?」ジロ

上条「えっ。な、なんですか急に」オロオロ

美琴「オルソラっていうくらいだから外人よね。巨乳のイギリス人かしら」ジ

上条「おい。さっきからやけに巨乳について追求―――」

美琴「巨乳なんでしょ?」ジ

上条「……まぁ」ミコトタンヨリハ

美琴「オラーーーーーーーーーッ!!!」ドシーン

上条「かっぱっ!」エビセン

みこ「ぱぱー!」フェェェン

御坂妹「よく見ておくのです。あれが誰彼構わずフラグを撒き散らした男の末路です」ト、ミサカハ



  ……。



佐天「御坂さん久しぶり~♪」ハロハロー

美琴「いらっしゃいませー。佐天さん、初春さん。民宿『上琴』へようこそ!」

初春「以前来た時とは全然雰囲気が違いますねー」オー

美琴「あはは。あの時はまだ準備中だったからさ」ウン

初春「佐天さんとも一緒にこれましたし」

美琴「そういえば佐天さんが監督してる少年団、強豪なんだって? 黒子が言ってたわ」ウン

佐天「でも夏の大会は負けちゃいましたよー。うちのチームは打のチームなんですけど、打ち負けちゃって」ハァ

初春「私、学テレ(学園都市テレビ)で見ましたよ。惜しかったですよね。7-5で」

佐天「99点取られようが100点取れば勝てる。がうちのチームのポリシー」ヒルマ

美琴「(野球って99点とか100点取れるスポーツだっけ?)」アメフト?

佐天「そういえばちょっと前に練習場にまだ5歳くらいだと思うんだけど、その男の子を連れた親子が来てさ」

初春「おぉ」

美琴「(あれ…。それってもしかして)」ウーン

佐天「この子を私のチームに入れてくれって言ってきて」

美琴「それだけ強豪チームって事ね」

佐天「その子まだ小さくて肩の力は弱いんですけど、コントロールだけはぴか一なんですよ」

初春「それで。その子入れたんですか?」ジ

佐天「ウチのチームは小学生からだからさ。小学生になるまで待っててって言ったんだけどどうしてもって」ポリポリ

美琴「あ。じゃあ入れたんだ」

佐天「いえ。あたしを三振に斬る事が出来たら特別に入れてあげるっていうルールで勝負しました」

初春「5歳児と勝負ですか! もちろん始球式みたいな感じで―――」

佐天「場外ホームラン打ってやりました」フンヌ

美琴初春「」

佐天「その子どころかその子の親も口開けてポカーンとしてましたよ」テテン

美琴初春「」

佐天「でも何か。それで余計やる気になったみたいですよ。これは2年後が楽しみですね」

美琴初春「」



  ……。



オルソラ「お久しぶりなのでございます」ペコリ

上条「おー。オルソラ。遥々ようこそ」

神裂「シェリーにこの民宿の事を聞いたようで」

上条「シェリー? …あぁ。バスの創設者か!」テテン

オルソラ「わたくしも一度『みんしゅく』と言う所に行ってみたかったのでございます」

上条「でも1人で来たのか。どうせなら皆一緒に来ればよかったのに」ジ

オルソラ「はてー」ハテ?




その頃のイギリス清教―――



アンジェレネ「シスターオルソラはどこにもにもいません。シスターアニェーゼ」オロオロ

ルチア「こっちもいないです」

アニェーゼ「全く。どこに行っちまいやがったんですか!」

テオドシア「これでは『みんしゅく』に行くペアと順番決めのくじ引きが出来ませんデス」

レイチェル「(この数年でさり気なく磨いてきた料理スキルで『今度こそ』インデックスをお腹いっぱい食べさせてあげないと)」ウン

対馬「(近い将来絶対王者が追い詰められるような気が)」ウーンウーン


建宮「オルソラの現在位置が分かったのよな」スタスタ


シェリー「おっ」ドコ?

建宮「日本だ。五和に連絡を入れてみて分かった。既に民宿に泊まりに行ったらしい」ウン

全員「」

建宮「本人曰く『既に予約を入れていたのでございますよ』だ、そうなのよな」

アンジェレネ「い、一体どうやって…」プルプル

アニェーゼ「抜け目ねー性格してやがります」プルプル





民宿『上琴』―――



みこ「こちらが203ごーしつですー」エヘー

オルソラ「日当たりもよく、いいお部屋なのでございます」

みこ「おふとんはおしいれにはいってますー」ピ

オルソラ「おふとん? …あぁ。あれですね」ワカリマシタ

みこ「ごゆっくり」ペコリ

オルソラ「ありがとうございます」ペコリ





201号室―――



佐天「白井さんお久しぶりー! 取材の時以来ですねー!」

黒子「佐天さん。早速お仕事ですわよ!」

佐天「えー。明日でいいじゃないですかー」ブー

黒子「じゃあ明日お願いしますわ。ほんの小一時間で終わりますので」ウン

初春「私もお手伝いします」

黒子「では初春。あなたはレフ板持ちですわ」テテン

初春「」ガーン



  ……。



D船長「ただいまなんだよ…」トボトボ

美琴「ど、どうしたの? やけに元気ないけど…、ボウズちゃった?」ハテ

ステイル「僕たちに限ってそんな事はない。急に元気がなくなったんだ」マジデ

五和「途中から『もうお腹いっぱいなんだよ! いっぱいがいっぱいなんだよ!』と叫んで」ハイ

美琴「(昔何かとんでもない事が…!)」ドキドキ


みこ「ままぁー。おさらならべたー」テテテ


美琴「ありがと。みこちゃん」

御坂妹「そういえば。何故あなたはずっと麦わら帽子を被っているのですか?」ト、ミサカハ ハテ

みこ「かぷとー」エヘー ス ボウシトル


麦わら帽子の裏側「かぷと」ZZZ テテーン


御坂妹「おぉ」

美琴「あ。そうだ」スタスタ

みこ御坂妹「?」ハテ



美琴「黒子ー。黒子ー」オーイ



黒子「お姉さま! とうとう黒子と一つに―――」バタバタバタ

美琴「ちょっちひとっ走りホームセンター行ってカブトムシのご飯買ってきて」テレポデ

黒子「」

美琴「はい。お金」1000エン

黒子「」ウケトル

みこ「みこもいくー」エヘー

黒子「すぐ出発ですわ!」ヒョイサムエミコターン

みこ「ふぇー」パタパタ



  ……。



美琴「今日は『超電磁砲メンバー』同窓会と」

上条「『イギリス清教メンバー』食事会となって」

美琴「私たちはベランダで食事するわ」ウン

上条「神裂たちにはテーブル外に出してプチバーベキューしてもらうか。料理は魚主体だけど」ウン

D船長「程よく食べれればなんでもいいんだよ!」テテーン

ステイル「(元気になってよかった)」ウン

上条「じゃあ俺オルソラ呼んでくるな」スタスタ






オルソラ「すー」ZZZ シキブトンニマルマッテネテイル

上条「」

オルソラ「…あら?」ポケ

上条「お、お前…敷布団はそういう風に使う物じゃないぞ」ジ

オルソラ「そうなのでございますか? その本のようにしたつもりなのでございますが」

上条「?」ジ



たのしいキャンプ「寝袋」テッテレー



上条「オルソラは民宿をキャンプと勘違いしていたーーーーーーーーーぃ!!!」



  イターーー


  イターー



  イター  エコー






んで―――



上条「船長たちも美琴も楽しんでる中、俺は娘とペットの猫たちとカブトムシを連れてカウンターキッチンで飯を食う。これもいいもんだぜ」モグモグ

みこ「んまんま」モフモフ

スフィンクス&いぬ「」カツカツ ネコカン

かぷと「」ウマウマ チュー オキタ

御坂妹「1本つけますか?」ハテ

上条「洗い物あるし、ウーロン茶で」

みこ「みこ、おれんじじゅーすー」エヘー

御坂妹「」キュッキュッ ビンノセンヌク

御坂妹「はいどうぞ」サ

上条みこ「ありがとー」


TV「プロ野球中継」ワーワー


上条「今年の楽天は強ぇーなー」ジー ゴクゴク

みこ「なー」コクコク

御坂妹「(とても平和な光景です)」ト、ミサカハ

スフィンクス&いぬ「にゃー」タシカニ

かぷと「」ウンウン



  ……。



上条「さ。みこたん。絵日記描いておやすみなさーいしようぜー」

みこ「うん」


     
     


上条「カブトムシ。大切にするんだぞ」

みこ「するー」エヘー

上条「じゃあ。おやすみ。みこたん」

みこ「おやすみー。ぱぱー。かぷとー」ウトーン

かぷと「」フリフリツノフリ オヤスミ

みこ「えへ」

Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/528-e5b3bd31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。