上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



8月12日、未明―――



美琴「んぁ?」ハッ メザメル


ゲコ太目覚まし時計「AM3:51」ゲッゲッゲッゲッ


美琴「まだ4時前かー」ウーン

美琴「…ん?」スン?


何やらいい匂い「」ホワリ


美琴「誰か料理してるのかしら―――、ん?」ムクリ ピタ

みこ「んにゅー」ペターン ミコトタンベッド

美琴「あは。みこちゃん私の上で寝てたのね」ナデナデ

みこ「ふにゅー」テレーン

美琴「よっと」ヒョイカエルミコタン ヨコニネカス

みこ「……ふぇぇぇ」ポロポロ サミシイ ヤダ

美琴「あ、あれ?」ヒョイカエルミコタン モドス

みこ「ふぇぇ……、んっ」ピタリナキヤム

美琴「…」

みこ「んにゅー」スヤーン

美琴「」ヒョイカエルミコタン ヨコヘ

みこ「…ふぇぇ」ポロロ

美琴「」ヒョイカエルミコタン モドス

みこ「ふにゅー」スヤリーン

美琴「(当麻の気持ちがちょっと分かる気がするわね)」ウン



  ……。



台所―――



美琴(+みこたん)「あら」ジ ミコタンダッコ

みこ「んにゅー」スヤリーン ギュッミコトタン

五和「あ。すみません。起こしてしまいましたか」オロ

美琴「何となく目が覚めただけだから大丈夫よ」ウン

みこ「んにゅー?」スヤリーン?

美琴「こんな朝早くからどうしたの?」ハテ

五和「何か今日と明日は船の上で朝食を取るって」センチョウサンガ

美琴「そうなの? 何か早朝の獲物でも狙いに行くのかしら」ウーン ミコタンポンポン

みこ「ふにゅー」スヤリーン

五和「(多分朝からレイチェルさんにお腹いっぱい食べさせられると一日動けないからだと…)」カタカタ



  ……。



時計「AM5:35」テテン


上条「おっ? みこたん今日は早起きだなー」ジ

みこ「えへー」

上条「よしよし」ナデナデ

みこ「ふにゃー」テレーン

御坂妹「ミサカも早起きしました」ト、ミサカハ

上条「よ、よしよし?」ナデナデ

御坂妹「フニャー」ボウヨミ ト、ミサカハ

上条「」

美琴「」モジモジ

上条「よ、よしよし?」ナデナデ

美琴「ふにゃー」ホンケ

上条「おぉ…」ホンモノ






んで早朝―――




  コーケコッコーッ!


  ちゃーちゃら、ちゃっちゃらーらー♪  ♪ラジオ体操のテーマ



みこ「えへ」ジュンビOK



  ちゃーちゃら、ちゃっちゃらーらー♪



みこ「」ドキドキ



  ちゃっちゃらーら、ちゃっちゃらーら、ちゃんっちゃら、ららん♪ ちゃりらん♪



上条「いーち、にっ、さーん、しっ」ホッホッ

美琴みこ御坂妹「にーにっ、さん、しっ」ホイホイ

かぷと「」ワキワキ

ぽーる「」ピョンピョン



  ……。



上条「じゃあ、いただきまーす」ペコリ

美琴みこ御坂妹「いただきまーす」ペコリーン

上条「あいつらいないと何か静かだなー」ウーン

美琴「やっぱり皆一緒に食べたいわね」ウン

みこ「むふー」ホオバル

御坂妹「」カワイイ



  ……。



上条「ごちそうさまでした」ペコリ

美琴みこ御坂妹「ごちそうさまでした」ペコリーン

美琴「私お祭りまでちょろっと妹と庭であれ作るから家の事任せてもいい?」ジ

上条「あれ? …あぁ、あれか。いいぞいいぞ」OK

みこ「みこもー」オテツダイ

上条「大丈夫だよ。みこたんはお外で元気に遊んでおいで。それがお仕事だ」ウン

みこ「ふぇー」



  ……。



みこ「ふーふふん、ふーふふん、ふんふんふーん♪」チョー ゲコタジョウロ

双葉「♪」ルンルン

ぽーる「♪」ルンルン

みこ「えへ」ルンルン


青ピ「よっと」カートコロコロ


みこ「あ! ぱんやさんー!」オハヨー パタパタ

青ピ「あはよーみこちゃーん」コロコロ

みこ「どこいくのー?」ハテ

青ピ「僕のパン屋さん、今日のお祭りで屋台出すんやでー」

みこ「ぱんやたいさん!?」ドキ

青ピ「学園都市特性の超短時間でパンを醗酵できる機械&超短時間でパンを焼ける機械で売り上げNo.1を目指すでー!」コロコロ

みこ「おー」キラキラ

青ピ「お祭りに来たらみこちゃんも食べてなー」コロコロ

みこ「たべるー」エヘー



  ……。




神社―――



何やら準備してる人「」トンテンカンテン


みこ「ふぇー」ジー


姫神「あ。みこちゃん」オハヨウ

みこ「あいちゃんー」エヘー

吹寄「おはよう」リン

みこ「せーりちゃんー」エヘー

吹寄「あたしは今日はここの警備も担当する事になったのよ」ウン

みこ「ほー」

姫神「私は。お守りとかおみくじ売る係」

みこ「ほー」

姫神「ちなみに。スタンガンタイプの警棒も。売ってる」

みこ「ふぇー?」

吹寄「せてめ屋台の景品にして」ハァ



  ……。



銭湯のじーちゃんばーちゃん家―――



箱「卵9個」テッテレー


みこ「おー!」キラキラ

老父「ほらな。少ない日もあれば多い日もあるんだよ」ウン

老婆「今日の昼は厚焼き玉子のおろしポン酢にするかね」

みこ「みこ、きょう2こもらう」

老父「2個? じーちゃん達は4個あればいいから5個持って行きな」

みこ「きのう3こもらったから2こー」エヘー

老婆「あらま。もう引き算が出来るのかい」スゴイ

みこ「えへー」3ト5ナラワカル



  ……。




土御門家―――



みこ「よーあーちゃーん」アーソーボー


家「」シーン


みこ「…ふぇ?」ハテ


家「」シーン


みこ「あ」ソウイエバ ホワホワー カイソウ


  ―――昨日―――


踊秋「みこちゃん。わたしあしたままとおかいものだからあそべないんだー」ゴメンナー

みこ「ふぇぇぇ……」ペタペタペタ ホッペ

踊秋「うううう。あさってあそぼうなー」ペタラレ

みこ「あそぶー」エヘー

踊秋「」ホッ

みこ「あ」ピタ

踊秋「?」ハテ

みこ「あした、よあちゃんのうらないはー?」ウル

踊秋「…なしで」ウン

みこ「ふぇぇぇ……」ペタタタタ

踊秋「うううう」ペラレ


  ――――――


みこ「……ふぇぇぇ。ふぇ?」プルプル チラリ


美琴御坂妹「」モゾモゾ ミンシュクノニワ トオクニミエル


みこ「ままー。ねーちんー」エヘー テテテテ



  ……。



美琴「35個目~」フゥ

御坂妹「36個目です」フィー


みこ「ままー! ねーちーん!」テテテテ


美琴「あら。みこちゃん」

みこ「なにしてるのー?」チラリ


折り紙で作った小さな船「」テテン


みこ「ふねー」エヘー

御坂妹「今日はこれをあと964個作ります」ト、ミサカハ

みこ「みこもつくるー」エヘー

美琴「じゃあみこちゃんにもお手伝いしてもらおうかな」

みこ「するー」エヘー

美琴「まずこの折り紙で」サ


折り紙「耐水仕様」テテン


みこ「ふぇー」カワッテル

御坂妹「この折り紙は耐水仕様なのですが、約1時間後には完全に水に溶け、更には水には何の影響を及ぼさないという学園都市の最先端を駆使した折り紙で」ペラペラ

みこ「ふぇぇー?」ハテテテ

美琴「ま、まぁあれよ。すっごい折り紙なのよ」

みこ「おー」スッゴイヤツ

美琴「まずここを折って」オリオリ

みこ「うん」オリオリ

美琴「そしてこう」オリオリ

みこ「」オリオリ

美琴「そして、こうこうこう」オリオリオリ

みこ「」オリオリオリ

美琴「はい!」デキアガリ

みこ「ん!」テテン デキタ

美琴「おー! 初めてで船が折れるなんて凄いじゃない!」ナデナデ

みこ「えへ、えへ」テレテレ

御坂妹「ミサカも負けません」オリリリリ

美琴「」ハエェ

みこ「ままー。このおふねでなにするのー?」ハテ

美琴「え? えぇっと…そうね。明日になれば分かるわよ」ウン

みこ「ふぇー」



  ……。



折り紙船「600個」テテン


美琴「ふぃー。そろそろお昼にしよっか」ウン

御坂妹「午前中で結構作れましたね」

美琴「みこちゃんが手伝ってくれたからねー」ナデナデ

みこ「えへー」テレーン

美琴「もう大丈夫だからご飯食べ終わったら遊びに行っていいわよ」ウン

みこ「ふぇー」



  ……。




民宿『上琴』DK―――



レイチェル「インデックスがどこにもいないよー!」バタバタ

建宮「五和や女教皇様もいないのよな」スタスタ

美琴「あの3人なら漁に行っちゃってるわよ」ウン ステイルモ

レイチェル「」ガーン

みこ「ふぇー」

オリアナ「そういえば昨日その子から聞いたんだけど、今日の夕食が夕方5時って本当~? 早くな~い?」バイイン

美琴「!」オッパイオバケ

オリアナ「?」ハテ

御坂妹「今日はお祭りですので、お客様もその方が都合がよいかと」ウン

建宮「ま。いいのよな」ウン

レイチェル「(昨日は中華大目だったから今日は和食…? でもいつもSASIMIとかは食べてそうだし…洋食かな)」ウーン






その頃のDX船長―――



DX船長「ぶるるるっ」サムケ

ステイル「大丈夫かい?」ハテ

DX船長「うーん。朝から調子が悪いんだよ」ブルブル

神裂「食べすぎなのかもしれませんね」ウン

五和「(レイチェルさんが献立を考えてるのかもしれません)」プルプル



  ……。




砂浜―――



佐天「やっぱり夏の海はいいねー!」ノビー

初春「こういう時はビーチバレーですね」

黒子「わたくしを相手にバレーボールとか」ハン

初春「白井さん一人ですよ」

黒子「上等ですの」フンヌ

佐天「じゃあ早速。そーれ」ポーン サーブ

黒子「余」テン レシーブ

黒子「裕」パッ テレポ ポーン トス

黒子「ですの!」パッ テレポ パスン

初春「見える」テテーン ボールノサキ

黒子「!」ナンダト

初春「甘いですよ白井さん! この数年で白井さんの行動パターンをデータ化し、コースを特定出来る私と」テン レシーブ

佐天「あたしのどこからでも打てるこのスマッシュで!」スドン クイック

黒子「くっ!」パ テレポ レシーブ


ビーチボール「」ビキビキビキ


黒子「こ、この破壊力…!」ググググ

佐天「魔打球スマッシュ1号! ジャイロボール!」テテーン

黒子「ま、まだまだですの!」ポーン トス&スマッシュ

初春「何度やっても一緒ですよ!」ポーン レシーブ サキマワリ

佐天「うりゃ!」ズドン

黒子「くっ」パッ テレポ


ビーチボール「不規則落下」グラグラ


黒子「な、何ですの! このボールは!」ドキ

佐天「魔打球スマッシュ2号! ナックルボール!」テテン

黒子「し、しかし打球が遅いのが救いですの!」テンポーンパスン レシーブ&トス&スマッシュ

初春「はい!」テン レシーブ

佐天「これなら!」ズドン


ビーチボール「」ゴォォォ


黒子「純正スマッシュ!」ザッ


ビーチボール「微変化」クン


黒子「うっ!」ビッ レシーブシッパイ

佐天「魔打球スマッシュ3号! ムービングファストボール!」テテーン

初春「やりましたね! 佐天さん!」ハイタッチ

佐天「今年は勝てそうだよ! 初春!」ハイタッチ

黒子「ぐぬぬ」デスノ



みこ「ふぇー」ナンカスゴイ



  ……。



スコア(11本先取)「黒子○11―7●初春佐天」テッテレー

初春「今年もダメでした」ウル

佐天「最初はうまく攻めてたのに後半ブロックに入られてやられちゃったね」ウーン

黒子「ナイスゲームでしたわ。腕が痛いですの」マジデ

初春「でも白井さん。スマッシュの時にボールをテレポートさせれば余裕で勝てたのに何故しなかったんですか?」ハテ

黒子「テレポートするのは自分だけと決めているんですの!」テテーン

佐天「そんな白井さんでも御坂さんには勝てないんですよね」

黒子「お姉さまは別格ですわ。佐天さんの打球も素晴らしかったですが、お姉さまはパネェっすの」マジデ

初春「私のデータで唯一あるのが『超電磁ボール』ってサーブです」

黒子「気付いたらコートにボールが落ちた跡があるんですの」オンソクノ3バイ

初春佐天「」テニプリ

黒子「他にも砂鉄壁レシーブや超電磁スマッシュなど」カタカタ

初春佐天「」カタカタ

黒子「しかしそんなお姉さまでも勝てないのが上条さんですの」テッテレー

佐天「あの人何者なの…!」ゴゴゴゴ

初春「御坂さんすら退けるなんて…!」ゴゴゴゴ

黒子「そしてそんな上条さんですら勝てないのがあそこに!」ピ

初春佐天「まだ上が!?」ドキ チラリ



みこ「まってー。かぷとー」エヘー テテテテ

かぷと「~♪」ブーン



初春佐天「確かに分かる気がしますね」ウン

黒子「」カワエェ



  ……。




夕方―――



DX船長「た、たすけてほしいかもー!」ズルズル ヒッパラレ

レイチェル「夕ご飯食べようねー」ズルズル

上条「」アバヨ

DX船長「」

ステイル「ボクもせめて見守るだけでも…!」スッタター

上条「(いい奴…)」ホロリ

建宮「昔共闘した時と変わらんのよね。あの2人は」マジデ

上条「そういえば神裂たちは?」キョロキョロ

建宮「女教皇様たちなら部屋で浴衣に着替えてるのよな」

上条「そっかー。今日はお祭りだもんな」ウン




美琴みこ御坂妹(浴衣)「じゃーん」テテーン

上条「おぉぉ! 美琴も御坂妹綺麗じゃねーか! みこたんも可愛いよー」

美琴みこ御坂妹「///」テレテレ

神裂五和(浴衣)「私たちも着てみました」テテン

建宮「2人共美人なのよな。な?」

上条「また違った綺麗さだな」ウン

神裂五和「///」テレテレ

美琴「」ジ

上条「」プルプル


オリアナ(浴衣)「私も着てみたわよ~」テッテレー


上条建宮「ぶはっ」エロス

オリアナ「ちなみにノーブラよ。って言っても私はいつもノーブラだけどね」ボソリ

上条「」カタカタカタ



  ……。




神社―――



  わいわい わいわい



上条(甚平)「結構混んでるなー」

美琴「みこちゃん。はぐれないようにね」

みこ「うん」ギュッカミジョウサン&ミコトタンノテ


青ピ「おぉーい! カミやん一家~!」パタパタ


上条「青ピ! マジで屋台出してんのかよ!」パンデ ドキ

美琴「(屋台の名前も『AOP』…)」ジー

青ピ「カミやん達も買うてってなー。結構うまいって評判なんよー」パン

上条「おおいいぜー。でも他の屋台も回りたいから2個にしてくれ。それを3人で分けるからさ」ウン

青ピ「おおきにー♪ 2個で600円や」

美琴「はい」600エン

青ピ「ありがとさん♪」ホイ パン

上条「サンキュー。…おぉ。マジでふかふかだ」

美琴「はい、みこちゃん。熱いから気をつけてね」パン

みこ「はーい。ふー、ふー……はむっ」パクリ

上条美琴「うまっ」モフモフ

みこ「むふー」ホッペパンパン

上条「みこたんうまいかー?」ハテ

みこ「ふまー」ウマー エヘー


他の客A「(可愛い)」ポッ

他の客B「俺にもパン2個!」オォォォ

他の客C「こっちには3個だ!」オォォ

黒子「わたくしは5個いただきますわ!」ガァァァ

他の客「」


青ピ「大繁盛やでー♪」ルンルン



  ……。



姫神「いらっしゃい」テテン

上条「おっす姫神」

みこ「あいちゃんー」エヘー

美琴「(レベル4の巫女さん…!)」

姫神「おみくじ。やってく?」ハテ

上条「」ドキ

みこ「やるー」エヘー

美琴「折角だし、やってこっか」ウン

上条「」カタカタ

姫神「毎度。1回100円」

美琴「はい」300エン

姫神「この箱から。ひいて」ハイ

みこ「ん!」ヒョイオミクジ

美琴「よっ」ヒョイオミクジ

上条「うおおおおおおっ!!!」ヒョイオミクージ

姫神「一人だけ。必死」


美琴のおみくじ「大吉」テテーン


美琴「やったー♪」ルンルン


上条さんのおみくじ「極凶」ドーン


上条「」


みこたんのおみくじ「ぱぱ吉」テテン


みこ「ふぇー?」ハテ


姫神「3人とも。凄い引き運」マジデ



  ……。



吹寄「全然平和ねー」ウンウン

上条「おっす。吹寄」チース

みこ「せーりちゃんー」エヘー

美琴「(レベル5の婦人警官…!)」ドキ

吹寄「こんばんわ。上条当麻とその一家。結構人が多いから子供の手を放すんじゃないわよ」リン

上条「大丈夫だよ。みこたんとちゃんと手握ってるし」ギュッミコタンノオテテ

みこ「えへ、えへ」ルンルン

吹寄「そろそろ花火が始まる時間だからその時もしっかりね」ウン

上条「うーっす」



  ……。



土御門「おーっす。カミやーん♪」アロハ

舞夏「おーっす。みことー♪」メイド

踊秋「おーっす。みこちゃーん♪」メイド

上条「おぉ。土御門。お前祭りに出ないのか」ジ

土御門「いいや出るぜぃ。でもお焚き上げまでは暇だから家族サービス中にゃー」ウン

美琴「土御門はお祭りでもメイド服なのね」ジ

舞夏「浴衣を着るとメイド服を裏切ったような気がしてなー」ウーン

みこ「よあちゃんー」エヘー

踊秋「みこちゃんー」エヘー

みこ踊秋「」ペタタタタタ ホッペ


みこたんと踊秋の頭の上「かぷと×執事くん「」キンキン」


上条美琴&土御門舞夏「」ウンウン



  ……。



わたあめ屋さん「」テテン

上条「そういえばみこたん。あめが楽しみって言ってたのこれかー?」ハテ

みこ「んとーんとー」ウーン


老父老婆「こんばんわ」ペコリ


美琴「あ。銭湯のおじーさんにおばーさん」コンバンワ

みこ「おじーちゃんおばーちゃんー」エヘー

老父「ほぅらみこちゃん。これがあんず飴だ」ジャーン

老婆「じーさんったら年甲斐もなく甘いものが大好きでねぇ。血糖値上がるからやめろって言ってるのに聞かなくて」

老父「好きなもん食ってた方が元気になんだよ」モフモフ

みこ「ぱぱー。みこもあめたべるー」ダラー

上条「いいぜー」

老婆「それならあっちの方に売ってたよ」アンズアメ

美琴「ありがとうございます。またお風呂使いに来てください」ペコリ



  ……。



上条美琴「あ」ジ


御坂妹「目標との距離3.5M。現在風はなし。銃身は右に3.510度傾いている」ジー

スフィンクス&いぬ「」ドキドキ


みこ「ねーちんー」エヘー

御坂妹の足元「景品山ほど」テテーン

屋台のおっちゃん「もう許して…」プルプル

御坂妹「発射」パン


人形「あぅ」ペテーン コロン オチル


上条美琴みこその他客「おぉぉ」パチパチパチ

御坂妹「おや。お姉さま達」

その他客D「(あれが伝説のヒットマンだぜ)」ヒソヒソ

その他客E「(噂では聞いてたけどこの目で見るとホントすげーな)」マジデ

みこ「…ふぇ?」チラリ ネーチンノアシモト


景品の袋「人形焼「」ピカー」


みこ「」ヒョイニンジョウヤキノフクロ

人形焼の1つ「E」ピカカーン

みこ「!」キタ

上条美琴「?」ハテ

みこ「ねーちんー。これ1こちょーだい」

御坂妹「1個と言わず袋ごとあげますよ」ト、ミサカハ

みこ「えへー」アリガトー

屋台のおっちゃん「お、お嬢ちゃん。今日はもう景品がないから…」アハハ

御坂妹「こちらから死角になってますが、まだPS4があるはずです」ト、ミサカハ

屋台のおっちゃん「\(^0^)/」



  ……。



あんず飴「」テテン


みこ「おいしー」エヘー モフモフ

美琴「あぁぁ…、みこちゃんそんな丸齧りじゃ口の周りがベタベタに…」オロオロ

上条「いい食いっぷりだぜー。みこたーん」

みこ「ふへー」エヘー

美琴「(ウエットティシュー持って来てよかったわ)」ホッ



  ひゅ~~~~~…



上条「おっ。始まったな」ジ

みこ「むふー?」ハテ



花火「」ドーーーーーン



みこ「ふぁなふぃー」ハナビー エヘー

美琴「綺麗ねー」ウン

みこ「ねー」エヘ

かぷと「」ワキワキ スゴイ

上条「俺花火が出て垂れるやつ好きなんだよなー」ジ

美琴「錦冠ね」ソレハ

上条「みこたんはどんな花火が好きだー?」ハテ

みこ「ぱちぱちー」エヘー センコウハナビ

上条美琴「」ナンテカワイイコ


ゲコ太花火「」ゲコーン


美琴みこ「げこたー」エヘー

上条「福島で何故…」マサカ、ゼンコクク?



  ……。



スピーカー『只今より、お焚き上げを開始致します』


土御門(正装)「」ザッ


上条「流石のあいつもこういう場はアロハ&サングラスは無しか」ジ


土御門「」ワシャワシャ


みこ「よあちゃんのぱぱすごいねー」ジー

踊秋「すごいだろー」エッヘン マタアッタ

美琴「交通安全とか家内安全とかを祈ってるのかしら」ジー

舞夏「違うと思うなー」ウーン


土御門「(元春神社よ! 有名になるにゃー!)」ワシャシャシャ


舞夏「私欲のオーラが見えてるぞー」オーイ


土御門「」



  ……。



上条(+ぴょん子お面)「花火も終わったし、そろそろ帰るかー」

美琴(+ケロヨンお面)「そうね」

みこ(+ゲコ太お面)「げこっげこっ♪」ルンルン


レイチェル「だ、誰かこの子を止めてくださーい!」アワワワ


美琴「なにかしら?」ジ

上条「まさか…」ドキドキ


DX船長「すぅぅぅぅぅ!」タベモノスイコム


美琴みこ「」

上条「やっぱり船長か」ハァ

神裂五和「あわわわ」オロオロ

建宮「イギリス清教から日本待機を命じられるのも分かる気がするのよな…」ガクガク

レイチェル「さっきまで動けなかったのに…」プルプル クイスギテ

DX船長「甘いものは別腹なんだよ!」スゥゥゥ

建宮「上条! 何とかしてほしいのよな!」マジデ

上条「し、しかしお金は払ってるみたいだし俺にはどうしようも…!」クッ

みこ「…あ」ピコン マメデンキュウ

美琴「?」ハテ

みこ「」モゾモゾ

みこ「ん!」テテーン ヒョイニンギョウヤキ

人形焼「E」テテーン

DX船長「新たな食材を見つけたんだよ!」スゥゥゥゥ

人形焼「E」ピュー

DX船長「ごくん」ノミコム

みこ「」ドキドキ

DX船長「」ピカッ!

全員「!」キタ



  キィィィィィィイイイインンンン



  しゅーーーーーーーーーーー…








DEX船長「これから峠を攻めるんだよ!」テテーン

上条「頭文字D! でも本家はDEX(デックス/スバル)じゃなくてスプリンタートレノだぞ!」キター

ステイル「しかし船乗りが峠というのは」ウーン

DEX船長「岬を攻めるんだよ!」キラーン

神裂「座礁するのでやめてください」

建宮「冷静なツッコミなのよな」

五和「流石女教皇様です!」


オリアナ「何してるのかしら。あの子たち…」ジ


他の客G「!?」ダイナマイト

他の客H「」ボタタタタタ



佐天「うぷー。もう食えんー。初春ー。おんぶしてー」ウーン

初春「たこ焼きとかイカ焼きとか焼きそばとかお腹に溜まりやすいのを食べすぎなんですよー!」モウ

黒子「むふーですの」パンホオバッテル

初春「」マダクッテル



  ……。




んで―――



上条「さ。みこたん。絵日記描いておやすみなさーいしようぜー」

みこ「うん」カキカキ


御坂妹「よっと」ドスン ケイヒン

美琴「け、結構貯めたのね」ケイヒン

御坂妹「去年の景品のテレビにやっと相棒が出来ました。これからは暇な時にはPS4で遊びます」ト、ミサカハ

美琴「ソフトは?」ハテ

御坂妹「ぼくのなつやすみ5です」テッテレー


     
     


上条「じゃ、みこたん。おやすみ」

みこ「おやすみー。ぱぱ、まま、ねーちん、かぷとー」コロリーン

美琴「おやすみ。みこちゃん」

御坂妹「おやすみなさい」

かぷと「」ワキワキ

Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/537-b0ff95e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。