上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セレブ美琴の通学帰宅】






常盤台女子寮前―――



黒子「お姉さま。そろそろ出ないと間に合わないですわよ?」ハテ

美琴(3歳だった)「う、うん。そうね」オロ

黒子「わたくしが送って差し上げましょうか?」テレポートデ

美琴「だ、大丈夫。そろそろ行くから」オロオロ

黒子「そうですの? ではわたくしは歩いて行きますので」オッテキテクダサイマシ

美琴「ありがとね、黒子」

黒子「お姉さま…。はぁ、はぁ…お姉さぁ~~~ん♪」ピョーン

美琴「」ビリビリッ

黒子「あばばですの!」シビレタ



 ……。



美琴「…ったく遅いわねー。何やってんのよ…」イライラ

美琴「今日非番って言ってたっけ? 明日のはずよね?」ブツブツ ピピピ ケイタイ スケジュール



 …ろー



美琴「!」ピクッ



 ろーーーーーーーーーーーん… エンジンオン



美琴「あ…」パァァ キタ


上条さん&バイク「」ブロロローーーー ヒュン トオリスギル


美琴「えへー」スタター



 ドドドドドドドドドド…




上条(26歳)『な、なんの音だ? …ん?』オロオロ? チラリミラー

ミラー「」ドドドドドド ミコトタンオッテクル

上条『』ヒィ

美琴「つーかまえたっ!!!」ビリリリリッ デンゲキデヒキアワセル スタッ ウシロ

上条『おまっ…! そのアクロバティック乗車やめろって何度言えば分かるんですかチクショウ!!!』アブネェシ、バイクモデンゲキデブッコワレルカモシンネェシ

美琴「学舎の園まで』スポッ メットカブル

上条『』キイチャイネェ

美琴『ったくおっそいわよ。もう少しで遅刻するところだったわ』

上条『いつ待ち合わせたのかを聞きたいがな』マジデ

美琴『///』ギュッカミジョウサンノコシ






学舎の園前―――



黒子「お姉さま結局来ませんでしたわね」ウーン

黒子「あと3分…迎えに行った方がよろしいですわね」ウン テレポジュンビ

黒子「…ん?」ピタァ


上条『ほら。学舎の園前ー』キキー

美琴『つけといて!』スタン

上条『タクシーじゃねぇよ…』ハァ

美琴「ありがとねー」スタタタ

上条『おぉ。…ん? お、おい! メット!』カエセ

美琴「大丈夫ー! 帰りも使うからー」スタタター

上条『なん…だと?』オロ

上条『…ったく。…ん?』ブロロ ピタァ

黒子「」プルプルプルプル メノマエ

上条『あれ? 確か風紀委員の―――』

黒子「わたくしのお姉さまになーにしとるんじゃぁぁあああああああああっ!!!!!」ドロップキック

上条『ぐはっ…!』ナンノコトッスカ



 黒子の攻撃に腰を強打した上条さんだったが、帰りはまた例のゲームセンターまで美琴たんを迎えに行ったのでした。




Secret

TrackBackURL
→http://pintakamikoto.blog134.fc2.com/tb.php/85-e00244be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。