上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小学校近くの交差点に保護者が立って小学生を渡らせるあれ】








みこ(小1)「」テテン

美琴「みこちゃん。はい、ランドセル」サッ


ランドセル(緑)+小学一年生がランドセルに付ける黄色いカバー「」テテン


みこ「ありがとーままー」エヘー ヒョイランド

美琴「今日ママは学校の近くの交差点の所に立ってるからね? 集団登校の時にはちゃんと並んで来るのよ?」ナデナデ

みこ「はーい」



  ……。




んで、交差点―――



美琴「おはよー」ハタ


児童ら「おはよーございまーす」スタスタテテテ


美琴「皆元気ねー」ウンウン


みこ「ままー!」テテテテ

美琴「あら、みこちゃん。いい子に並んで来れたー?」ハテ

みこ「うん」コク

児童ら「おはよーございますー」ペコリ

美琴「おはよー。いっぱい勉強していっぱい遊んでね」

児童ら「はーい」スタスタテテテ

美琴「みこちゃんもね」ナデナデ

みこ「はーい」イッテキマース テテテテ

美琴「うんうん」ヨカヨカ



  ……。



男子児童「みこちゃんのままきれいでいいね」

みこ「えへー」テレテレ

女子児童「わたしのままもみこちゃんのままきれいね、っていってたー」

みこ「えへへー」テレテレ






後日―――



上条「今日は休みなので上条さんが交差点のあれやりますよ」

美琴「いいの?」

上条「おぉ。みこたんの登校姿も見たいしなー」

美琴「じゃあお願い」


みこ「ままー。じゅんびできたー」テテテテー ランドセル


上条「おぉみこたんっ。今日はパパが交差点にいるからなー」ヒョイミコタン

みこ「ぱぱが!?」パァァ

上条「いい子に来るんだぞー?」

みこ「うん!」エヘー




んで、交差点―――



上条「おはよーございまーす」ハタ

児童ら「おはよーございまーす」スタスタテテテ

上条「うんうん」イイコタチダ


みこ「ぱぱー!」テテテテ


上条「おぉみこたん」

児童ら「おはようございます」ペコリ

上条「おはよーございます。段差あるから気をつけてなー」

みこ児童ら「はーい」

上条「うんうん」ヨカヨカ



  ……。



女子児童A「みこちゃんのぱぱかっこいいねー」

みこ「ふぇ!?」ドキ

女子児童B「わたしのままもかっこいいっていってたー」

みこ「ふぇぇ!?」ドキキ

女子児童C「せんせい(女の)もいってたー」

みこ「ふにゃー!?」ビクン



  ……。



担任の先生「では出席をとりまーす。呼ばれたら元気に返事してねー」

児童ら「はーい!」

担任「青木くーん。秋葉さーん。荒木さーん。五十嵐くーん」ハーイハーイ


  ……。


担任「上条さーん」

みこ「うー」プルプル イカク

担任「」



  ママの人気は嬉しいけど、パパの人気はとても焦ったみこたん小学生だったのでした。





【塗り絵でぷるぷる美琴たん!】






御坂家―――



ゲコ太の塗り絵「コンプリート」テテーン

美琴(3歳)「ふぇぇぇ……」プルプル

美鈴「どしたの美琴ちゃん」ジ

美琴「ままぁー…。ぬりえなくなっちゃった…」プルプル

美鈴「え? んー、本屋さんはまだ開いてないし…」ウーン

美琴「ふぇぇぇ…」プルル

美鈴「よーし。待っててね、美琴ちゃん。ママが作ってあげるわ!」

美琴「ままが!?」パァァ

美鈴「ママが作ってる間、いい子にテレビ見ててね」

美琴「うん!」エヘー



  ……。



美鈴「―――とは言ったものの」


紙「真っ白」テテーン


美鈴「どんな塗り絵にしようかなー。やっぱりゲコ太かしら」ウーン


美琴「」ジー TVミテル


美鈴「…」ジー


美琴「えへ、えへ」ワキワキ カミジョウサンニンギョウ


美鈴「…そうだ!」ピコーン



  ……。



美鈴「美琴ちゃんお待たせー。塗り絵できたわよん」ハイドウゾ

美琴「えへー」ウケトル


紙「上条さん座椅子に座ってる美琴たん」テテーン


美琴「…ふにゃー」テレーン

美鈴「頑張って塗ってね」ナデナデ

美琴「ぬるー」エヘー



  ……。



茶色のクレヨン「」シーン

美琴「ふにゃー!?」ビクン

美鈴「え?」ジ

美琴「…ふぇぇぇぇぇ」ポロポロ

美鈴「ど、どうしたの美琴ちゃん。失敗しちゃったの?」オロオロ

美琴「ちゃいろないぃー…」ポロロ

美鈴「あー…、髪の毛に使うのね」ジ

美琴「ふぇぇ…」プルプル

美鈴「んー…、クレヨンも本屋さんの文具コーナーじゃないと売ってないし…」ウーン

美琴「ふぇぇ」プル

美鈴「また描いてあげるからこの塗り絵は塗っちゃって」

美琴「うん…」プルプル



  ……。



上条さんの頭「黒」テテーン


美琴「いっしょのいろー」エヘー ヌリヌリ クロデヌル


美琴たんの頭「黒」テテーン


美琴「…ふぇ?」ジ


紙「上条さん座椅子に座ってるみこたん」テッテレー


美琴「ふにゃー!?」ビククーン



  上条さん座椅子をみこたんに取られた美琴たんだったのでした。





【みこたんとチョコフォンデュ】







御坂家―――



美琴「よーっす」スタスタ

美鈴「いらっしゃい美琴ちゃーん」

みこ「みすずちゃーん!」テテテテ

美鈴「いらっしゃいみこちゃーん」ヒョイミコターン

みこ「えへー」パタパタ

美鈴「そうだ。そろそろお昼だからご飯食べよっか」

みこ「たべるー」エヘー

美琴「またチーズフォンデュじゃないでしょうね」ジ

美鈴「違うわよん」



  ……。



チョコフォンデュ「」テテン

美鈴「ね?」チガウデショ?

美琴「」

みこ「ふぇー?」ハテ コレハ?

美鈴「みこちゃん。これはカステラとか苺とかをこのチョコにつけて―――」チャポ

みこ「」ジ

美鈴「あーん」ハイドウゾ

みこ「あー…、むっ」パクリ

美鈴「どう?」ハテ

みこ「おいしいー」エヘー モフモフ

美鈴「そっかー。どんどん食べてねん」

美琴「じゃあ私紅茶いれるわね」ムクリ

美鈴「あ。私も行くわ。最近新しいの買ってねー」ムクリ

みこ「ふぇー?」ハテ

美琴「みこちゃんはフォンデュ食べててね」ナデナデ

みこ「うん」コクリ



  ……。



苺「」テテン

みこ「いちごー」プスリ

苺「」プスラレ

みこ「ちょこー」チャポン

苺「」チャポラレ

みこ「あーむっ。ふへー」パク ウマー


チョコ「」テテン


みこ「ふぇー」ジー



  ……。



美琴「いい匂いねー」トクトク

美鈴「でしょー? 味もいいのよーん」

美琴「みこちゃんも気にいると思うわ」ウン

美鈴「じゃあ行こっか」カチャカチャ オボンニノセル

美琴「うん」コク スタスタ







チョコ入れるアレ「」カラーン

美琴美鈴「」

みこ「むふ?」クチノマワリチョコダラケ



  チョコが無くなったのでその後はフルーツでティータイムを迎えた3人だったのでした。





【寝相がいい上条さん】








学生時代―――



浴槽「」テテン

上条「さて寝っかな」ハイル



  ……。



上条「んー」コロン ネガエリ

浴槽「」ゴン

上条「いってぇ~…」ヒリヒリ



  ゴン ゴン ゴン



上条「うー…」プルプル



  ……。



上条「すー」ZZZ シーン フドウ







結婚後―――



上条美琴「」ZZZ スヤー



  美琴たん 上条さん  ← 寝てる配置



上条「んー」コロン ネガエリ→

美琴「んー」コロン ネガエリ→ オイカケル

上条「んー?」コロン ネガエリ→

美琴「むー」コロン ネガエリ→ オイカケル

上条「…」

美琴「」スー

上条「」コロン ネガエリ←

美琴「…ふにゃー」テレレーン






みこたん誕生後―――



上条美琴みこ「」ZZZ スヤーン



  美琴たん 上条さん みこたん  ←寝てる配置



上条「んー」コロン ネガエリ→

みこ「ふにゅー」テレリーン

美琴「…ふぇぇぇぇ」プルプル

上条「…んー」コロン モドル

美琴みこ「」ZZZ スヤー

上条「んー」コロン ネガエリ←

美琴「ふにゅー」テレレ

みこ「…ふぇぇぇぇ」プルル

上条「んー」コロン モドル

美琴みこ「」ZZZ スヤスヤ

上条「(…寝返り出来ねぇ)」ポロリ



  学生時代は浴槽の中で夜を過ごし、新婚時代は美琴たんに追われ、みこたん誕生後は寝返りしなかった方がプルプルしてしまうので寝相がよくなった上条さんだったのでした。





【メリークリスマス! 美琴たん!】








12月23日御坂家―――



美鈴「美琴ちゃーん。サンタさんに何が欲しいか紙に書いたー?」ハテ


紙「真っ白」テテン


美鈴「あら? まだ決めてないの?」

美琴(3歳)「」プルプル

美鈴「?」ハテ

美琴「もうさんたさんにおねがいしちゃった…」プルプル

美鈴「え? 何を?」

美琴「かえるさんのぬいぐるみなおしてって…」プルプル ヒョイカエル

美鈴「…あー、指がとれちゃったやつね」

美琴「うん…」コク

美鈴「大丈夫よ。ママ、サンタさんと友達だからプレゼント頂戴ってお願いしてあげから」ナデナデ

美琴「!」キタ

美鈴「だから今日寝るまでに決めておいてね」

美琴「うん」コク






翌日、12月24日―――



TV「今日はクリスマスイヴですー。今日の夜サンタさんが世界中を回ってプレゼントを渡してくれますー」

美琴「」ジー

TV「枕元に靴下を置いておきましょうー。サンタさんが靴下の中にプレゼントを入れておいてくれますー」

美琴「!」ナルホド コロン スワル ヌギッ


ゲコ太靴下(右)「」チョコーン


美琴「」テテテテ





美鈴さんの靴下「」テテーン センタクモノ

美琴「ふぇ?」チラリ ピタ

ゲコ太靴下「」チョン

美琴「んー」モンモン



ゲコ太靴下「小さいプレゼントしか入らない」テテン

美鈴さんの靴下「大きいプレゼントが入る」テッテレー



美琴「ままのにするー」エヘー ヒョイクツシタ テテテテ






美鈴「おっかしいなー。靴下片方どっか行っちゃったー」キョロキョロ



  ……。



TV「黒いサンタ…」オォォ

美琴「ふぇ?」ハテ

TV「良い子の所には赤いサンタさんが来るが、悪い子の所には黒いサンタが来る…」オォォォ

美琴「」プルプル

TV「ママの言う事を聞かずに一人で遊びに行っちゃう子の所には黒いサンタが来るかも…」オォォ

美琴「」プルプルプル

TV「黒いサンタが来たら袋に入れられて連れて行かれてしまう…」ドーン

美琴「ふにゃーっ!?」ビクーン テテテテ


美鈴「ん?」チラリ


美琴「」プルプルプル ギュッミスズサンノアシ

美鈴「どしたの美琴ちゃん」ジー

美琴「ままのおともだちはあかいさんたさん…?」プルプルウルウル

美鈴「え? うん。そうよ」

美琴「」ホッ

美鈴「?」ハテテ






イヴ、夜中―――



美琴「んにゅー」スヤリーン


???「」ヌッ


美琴「んにゅー」ZZZ

???「」スッ

美琴「…んぁ?」パチ メヲサマス


サンタ(仮)「」


美琴「…」ジー

サンタ「」ガタガタ

美琴「さんたさんー!」パァァ

サンタ「め、メリークリスマス」ドキドキ サップレゼント

美琴「えへー」アリガトー

サンタ「じゃ、じゃあサンタさんは他の子供達の所に行くから」ドキドキ

美琴「おそとさむいー?」ハテ

サンタ「そ、そう…じゃな。冬だからねー」ウン

美琴「これ…」プルプル

サンタ「?」チラリ


美琴たんのマフラー「」テテーン


美琴「かしてあげるー」エヘー

サンタ「美琴ちゃーーーーんっ!!!!」ヒョイミコトターン

美琴「ふぇー」パタパタ






翌朝、クリスマス―――



美琴「さんたさん、わたしのおなまえしってたー」

旅掛「さ、サンタさんは何でも知ってるんだよ。…なぁ?」ドキドキ チラリ

美鈴「そ、そうね」ウン

美琴「ふぇー」スゴイ



  サンタ(仮)にプレゼントを手渡ししてもらった美琴たんだったのでした。





【そして辰年へ】






かみじょうさぎ「今年ももう終わりぴょん」

みことら「早かったわねー」

かみじょうさぎ「来年は辰年ぴょん」

みことら「辰と言えば、竜のイメージが一般的ね」

かみじょうさぎ「かっこいいぴょんー」ポワポワー

みことら「アンタ竜がいいの?」ジ

かみじょうさぎ「うさぎよりいいぴょん」

みことら「ま、まぁ虎と竜はお似合いかもね」ドキドキ


???「ぱぱーままー」パタパタ


かみじょうさぎみことら「?」ハテ

みこ(子竜)「えへー」パタパタ

かみじょうさぎ「うおおおっ!!??? みこりゅうー!!!」ヒョイミコリュウ

みこりゅう「ふにゃー」テレーン

みことら「(小さくて可愛い…)」ポッ

かみじょうさぎ「じゃあ一家勢揃いした所で今年一年を締めますかー」

みことらみこりゅう「はーい」

かみじょうさぎ「並んで並んでー」

みこりゅう「えへー」ペターン カミジョウサギノウエ

みことら「んー…あ!」ハムッ カミジョウサギ ポーン

かみじょうさぎ「(縦に並んだか)」ポテ ミコトラノアタマノウエ



  ……。



かみじょうさぎ「じゃあ行くぞー。今年も大変お世話になりました。来年もどうぞ」スッ



かみじょうさぎみことらみこりゅう「よろしくおねがいいたしますー」ペコーン




  

【みことはコタツで丸くなる?】








上条さんの部屋―――



上条(23歳)「今日もパトロール疲れたなー、みことたーん」ヒョイミコニャン

みこと(猫)「にゃー」タンイウナー

上条「外寒かったろー? 今コタツ入れてやるぜー」カチッ

みこと「」ホッ

上条「でもみことたんは温かいぜー」ギュッミコニャン ホカホカ

みこと「ふにゃー」テレホカー

上条「コタツの中も温かくなって来たし」ミコニャンハナス ムクリ

みこと「ふぇ?」ウル

上条「俺夕飯作ってくるから温まってていいぜー」スタスタ

みこと「にゃー…」ウルウル



  ……。



上条「あー…、キッチンは寒ぃーなぁー…」ガチガチ リョウリチュウ

みこと「」トテトテ

上条「…ん? おぉ、みことたん。飯はもうちょっと待っててくれなー」

みこと「」スリスリ カミジョウサンノアシ

上条「おぉぉ…?」

みこと「」スリスリ

上条「温めてくれてるのかー?」ヒョイミコニャン

みこと「にゃ!」ベツニアンタノタメジャナイモン ハヤクゴハンタベタインダモン ツンツン

上条「よしよし」ナデナデモフモフ

みこと「ふにゃー」ゴロゴロ キモチイイ



  コタツで温まるより上条さんを温めたいみこにゃんだったのでした。





【成人式が待ち遠しいね】








御坂家―――



TV『今日は成人式ですね。ここ学園都市では今年も多くの成人が誕生しました』

美琴(5歳)「ふぇー」ジー


美鈴「」スタスタ


美琴「ままー」テテテテ

美鈴「ん? なぁに? 美琴ちゃん」ヒョイミコトタン

美琴「せーじんしきってなーに?」ハテ

美鈴「成人式? えっと…20才を迎えた子がする―――」ウーン

美琴「ふぇー?」ハテ

美鈴「まぁあれよ。大人になる日ね」ウン

美琴「!」キタ

美鈴「美琴ちゃんもいつかは綺麗な着物で出れるわよー」ナデナデ

美琴「えへ、えへ」ルンルン



  ……。



美鈴「―――ってな話を昼間美琴ちゃんとしててさー」ウン

旅掛「成人式かー。俺の時は特別何も感じなかったけど、親になってみると子供の晴れ舞台が待ち遠しいなー」ウンウン

美鈴「まだ小学生にもなってないうちから成人式の話もどうかと思うけどねー」アハハ

旅掛「そうだなー」ハハハ






日曜日―――



旅掛「美琴ちゃーん、今日は動物園に行こうかー」ヒョイミコトターン

美琴「わーい!」エヘー

美鈴「美琴ちゃんは何の動物が見たいのかなー?」ハテ

美琴「げこたー」エヘー

旅掛美鈴「」

美琴「…?」ハテ

旅掛「や、やっぱりピクニックに行こうー」

美鈴「そ、そうねー。天気もいいし」ウン

美琴「ふぇー?」ハテ



  ……。



旅掛「よーし。パパが肩車をしてやるぞー」ヒョイミコトタン

美琴「えへー」

旅掛「おぉぉ…、美琴ちゃんも重くなったなー。大きくなったらママに似て美人になるぞー」ウン

美鈴「いやぁー」テレテレ



  御坂家のほのぼのとした一日だったのでした。





【母娘でGO!】







美琴「」ザッ

みこ「」テテン

美琴「」スタスタスタ

みこ「」テテテテテテ

美琴「」スタスタスタ

みこ「」テテテテテテ

美琴みこ「」ピタ


ママチャリ「」テテーン


美琴「」ヒョイミコタン チャリニノセル

みこ「」ノセラレ

美琴「デパートにGO!」チャリンチャリーン

みこ「ごー♪」ルンルン



  ……。



デパート―――



美琴「食品のタイムセールにはまだ時間があるわね」

みこ「ふぇー」


  カランカラーン


美琴みこ「?」ハテ


店員「これより2F婦人服コーナーにて破格セールを行いまーす! 早い物勝ちでーす!」カランカラーン


美琴「お! みこちゃん!」ヒョイミコタン

みこ「ふぇー?」

美琴「お洋服を買うわよ!」

みこ「かうー」エヘー


お客達(マダム)「」ドドドドドド ダイイドウ


美琴「早くしないと無くなっちゃう!」スッタター

みこ「ふぇー」



  ……。



美琴「…」ジー

みこ「ふぇー」ジー

美琴「…」ジー

みこ「ふぇー?」ママァー? ハテ








ゲコ太プリントシャツ(大)「」テテン

美琴「ゲコ太残っててよかったねー」

みこ(+ゲコ太シャツ(小)「えへー」

美琴「んー。でも値段普通ねー。破格セールじゃなかったの?」ジー


婦人服コーナー「」ワーワー


美琴「何か騒がしいわね」ジー

みこ「ねー」ジー



  ……。



美琴「野菜高くなったねー」ジー コロコロカート

みこ(+カート)「ふぇー」コロラレ

美琴「エリンギでしょー。人参にー」ヒョイヒョイ カゴヘ

みこ「…」ジー

美琴「あとセロリかな」ヒョイ

みこ「!」ピクン ニガイヤツ

美琴「あとー」ウーン キョロキョロ

みこ「」ヒョイセロリ ウリバヘモドス



  ……。



美琴「セールで安くたくさん買えたー。これでパパにいっぱいご飯作ってあげれるねー」エヘー

みこ「ねー」エヘー ゲコタチョコモゲット

美琴「じゃあ帰ろっか」

みこ「うん」コク



  その後帰宅した後にセロリが無いのに気付き、みこたんはほっぺをぷにられました。





【上条さん一家が危険!】







上条さん一家の部屋―――



みこ「ふぇ…」ネテル

美琴「んー、お熱があるわねー。お医者さん行こっか」ピト ミコタンノオデコ

みこ「ふぇぇぇ…」プルプル フトンニカクレル

美琴「お薬貰わないと治らないわよー?」ユサユサ

パパレ「」プルプル デテル

美琴「もし風邪ひいちゃってたらうつるとダメだからパパとは別々で寝ないといけないよ?」イイノ?

パパレ「!」ピクン

美琴「お?」

みこ「いく…」プルプル デテクル






んで―――



上条「薬飲んで寝ちゃったのかー」ミコタン

美琴「そ。だから起こさないでね。お薬飲んだからパパと寝ても大丈夫って言って聞かなかったんだから」

上条「よく寝たなー」

美琴「絵本読んであげるとすぐ寝るのよ」ウン

上条「じゃあ上条さんも寝ますかね。明日も仕事だし」ヨッコイショ

美琴「そうね」ムクリ

上条「…」

美琴「…」

上条「…みこたんにダメって言ってあるんだから、美琴たんが一緒に寝ちゃダメですよ?」オレト

美琴「ふぇぇぇ…」プルプル



  ……。




夜中―――



みこ「んぁ?」ハッ メザメル

みこ「んにゅ…」

みこ「…ふぇ?」チラリ

上条「んー」ZZZ スヤー

みこ「ぱぱー」エヘー ペターン カミジョウサンベッド

上条「んー…、あったけー」ホカー ギュッミコタン

みこ「ふにゃー」テレレーン






翌朝―――



みこ「ふぇぇぇぇぇぇんふぇぇぇぇぇぇぇん」エーンエーンポロポロ

上条「うぅ…」アタマイテェ

美琴「パパにうつっちゃったわね…」ウーン

みこ「ぱぱぁー…」ポロロロロ

上条「よしよし…。みこたんは悪くないよ…。パパもみこたんと一緒に寝たかったし」ウン

みこ「ふぇ…」ピタリナキヤム

美琴「でもまたうつっちゃうとダメだから今日はパパと寝ちゃダメよ?」

みこ「うん…」コクリ



  ……。



美琴「―――と、言っておいたので」ジ

上条さんの隣「フリー」シーン

美琴「」ニヤリ



  ふにゃー





翌朝―――



美琴「うぅ…」ウツッタ

上条みこ「」



  一人が風邪をひくと一家全員が危ない上条さん一家だったのでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。